*

「 書籍・雑誌 」 一覧

シーナ・アイエンガー著『選択の科学』

2013/03/03 | 心と体, 書籍・雑誌

読了後、なんとなく考えていたことを雑然と並べてみる。居酒屋のおっさんトークに近いので、書評とかレビューとか期待されてる方はスルー推奨。 人生における”幸福”ってなんだろう、と考えたときに

続きを見る

岸本佐知子著『なんらかの事情』との相似形

2013/02/02 | 書籍・雑誌

岸本佐知子さんの著作が好きだ。翻訳家として魅力的な作品を手がけていて、ウチの本棚にも『変愛小説集』や『中二階』『灯台守の話』『オレンジだけが果物じゃない』なんかは収まっている。が、(こういっては翻訳家

続きを見る

2012年 読んだ本まとめ

一言でまとめると「2012年はかつてないほどマンガよみました」という感じです。 2012年の読書メーター 読んだ本の数:69冊 読んだページ数:17689ページ ナイス:81ナイス 感想

続きを見る

STUDIO VOICE 補完計画(と挫折)

blogにたびたび登場するSTUDIO VOICE。もともと僕は「集める」ってことをしないタイプなんだけど、この雑誌だけはずっと買い続けていた。そして捨てずに未だにずっと持ってる。 80年代

続きを見る

『別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判』

2012/08/02 | 書籍・雑誌

 いつもだったらこの手のノンフィクションは読まないんですよ。この事件がかなり特異だということはニュースとか読んで知ってはいたけど特段興味があるカテゴリでもなかったし、メディアから伝え聞く下世話な話はど

続きを見る

『広告コピーってこう書くんだ!読本』読書メモ

2012/07/03 | 書籍・雑誌

読了:2時間半 ■「なにかいいよね」をやめる 感じたことをあやふやな言葉で消化しない。 きちんと思ったこと、感じたことを人に伝えるようにアウトプットする。 そうしないと自分が何を伝えたいのかも整理でき

続きを見る

『ミレニアム』シリーズを読了したわけだが第3部が納得いかない

2012/04/18 | 書籍・雑誌

『ミレニアム』3部作、読了した。ひさびさに”寝る間も惜しんで読む”ことを経験した。カテゴリやジャンルにとらわれず実に盛りだくさんな内容だったと思う。が、第3部の展開が個人的にどうしても納得がいかない。

続きを見る

2月に読んだ本

2011/03/04 | 書籍・雑誌

2月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1511ページ 隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)人生最悪の本。だけど最後まで読まさせられてしまった。まるでデヴィッドが罪悪感にかられながら目が離せ

続きを見る

狂気と暴力のドミノ倒し『隣の家の少女』

2011/02/28 | 書籍・雑誌

僕がバイオレンス、ホラー、スプラッターというジャンルが好きなのは、そこにしっかりとした「リアリティの欠如」があるからだ。『ファイナル…』シリーズしかり、昨年見て笑いすぎて腹が捩れるかと思った『スペル』

続きを見る

『彼のオートバイ、彼女の島』

2010/02/28 | 書籍・雑誌

 今のバイク乗りの平均年齢は約45歳なのだそう。バイクブーム全盛期に20歳代を過ごした人たちが、単にそのまま20年経っても乗り続けてる、もしくは一度は降りたけどあの時の感覚が忘れられず戻ってきてる(い

続きを見る

ad

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑