*

2019年のGW

改元も挟んだ2019年のGW、こよみ上でも10連休となったが、我が家的には特に変わったことはない。GWの逗子は東に行けば三崎の渋滞があり、西にいけば鎌倉・江ノ島の渋滞、北は横浜方面の渋滞、南は海と八方塞がりになるのが例年のことなので毎年地元でゆっくりすることにしている。僕自身期間中3日仕事でまるまる10日休めるわけではなかったけど、とはいえこれだけまとまった休みは貴重なのであれこれレジャーはしてきた。一応その記録を残しておく。

神武寺〜鷹取山ハイキング

もう定番といっていいルート。保育園のお友だちファミリーと一緒に、今回はベビーキャリアを使わず、子どもも自力で鷹取山まで行くことを目標にした。

10連休前半のように前日の晩も雨だったので裏参道はだいぶ泥濘んでいていて沢の水量も多いが、とはいえ歩けないほどではなく、足元を気にしながら前に進む。春の鮮やかな緑が心地よい。

娘も最後までよく頑張って鷹取山まで来られた。えらい。途中「あ!蟻だ!」「毛虫だ!」と足を止めて観察するので進みは遅いが、だいたい裏参道の入り口から2時間くらいで到着。

到着のタイミングで冷たい風が吹き始めにわか雨が降ったりもしたけど概ね良い山行だった。また行きたい。帰路は六浦駅まで歩いて電車で。

金沢八景 海の公園で潮干狩り

シーズンともなると付近は強烈な渋滞になり、駐車場列もディズニーなみになる「海の公園」。今までは冷ややかに見ていたのだけど、GW直前の2019年3月に京急金沢八景駅へシーサイドラインが直結となったことで電車で行きやすくなったので、砂遊びが好きな娘を連れて潮干狩りに初チャレンジしてみた。

当初はまあ遊び感覚でアサリを持ち帰る気もなかったが、道具は見よう見まねで買い揃えていくうちにその気になってきて「取れ過ぎちゃったらどうしようね」みたいな感じになった。でも現実は全然甘くなく、ビッグサイズはちゃんと武装したプロたちにあらたか掘り尽くされていて、100均で揃えたアマチュアたちが干潟に到着するころにはシジミクラスのものしか残っていなかった。

まあそれでも宝探し感覚は結構楽しくて、たまにビッグサイズにもあたり、頑張って砂を掘り返していた。浅瀬の海の水も暖かくて気持ちがいい。2時間弱くらいで「まあこれくらいなら家族分のボンゴレつくれるかな」というくらいまで来たので撤収。楽しかった。

うちに帰ってさっそく砂抜き。ネットで調べたやり方で丸1日かけて砂を抜いて翌日昼にボンゴレビアンコを作った。

口の中で「ジャリッ」となることもなく死んだ貝もなく美味しくいただいた。ただやっぱりサイズが小さくてアサリの風味は弱い。やっぱりもっと大きいのが欲しいので6月初旬くらいにもう一度潮干狩りにチャレンジしようと家族で話している。

ad

関連記事

子どもが産まれて買ったもの

子どもが産まれた時に友人や同僚から育児に役立つものをいろいろ頂いた。実際の育児に使われてきたものなの

記事を読む

no image

正論

『2012』という映画がロードショーされ、それに前後してマヤ暦をもとにした人類終了のネタが最近よくメ

記事を読む

no image

HDN花園キャンプ

おそらく今年最後、HDNさんの花園キャンプに誘われたので行って来ましたよ。まあ人のこと言えた立場でも

記事を読む

no image

三渓園 蛍の夕べ

5日から始まった三渓園の蛍の夕べに行ってきました。 前日は10匹くらいだったらしいのですが、昨

記事を読む

no image

茅ヶ崎ウェディング

 土曜日は友人の結婚式でした。場所はウチから歩いて5分のMOKICHI、日本酒はもちろん湘南ビール

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑