*

10kmビーチランの予行演習で筋肉痛が5日残った件

公開日: : 最終更新日:2018/05/18 心と体

勢いで10km砂浜マラソンにエントリした件は前にも書いた。

先日機会があって、このマラソンコースの折り返し地点に行くことがあったので、試しにそこからスタート地点の鵠沼まで約5km、せっかくなのでさらに逗子の自宅まで帰ってみることにしたのだけど、それがわりと地獄だったので記録として残しておく。

昼の12時ちょうどくらいに茅ヶ崎のTバー付近に着いた。日差しは暖かいが暑すぎはせず、春先の湿度低めの風が気持ち良い。軽くストレッチをしたら、波打際に出て走り始める。

遠くに江ノ島。あそこまでで約7km。とりあえずその手前の鵠沼までを目指す。

砂浜は逗子に比べて広いので走りやすいことは走りやすいが、陸側は砂地が厚いので足を取られやすい。この辺の海岸は一定の間隔で川があり、その度に陸側のランニングコースに行かないといけないのがしんどい。これは本番でも注意しないといけない。

予行演習なのでムキになる必要もなく、途中歩いたりしながら40分かけて引地川を越えて鵠沼へ。このあたりが本番のスタート地点。

まだ余裕があったのでそのまま江ノ島まで。ここらまででだいたい7km。東浜まできたところで腰を下ろして一旦休憩する。

一休みしたら鎌倉に向けて出発。江ノ電のそばを走ったり砂浜に出てみたりしながら40分かけて稲村ヶ崎の公園へ。ここまでで約11kmかな。

その先はもう体力的に限界でずっと歩いてた。20分かけて由比ヶ浜へ。

走るのを諦めたので靴をぬいて波打際を歩く。温い水が疲れた足に心地よい。

そういえばちゃんと昼飯を食べてなくてハンガーノックに近い感じになってきたのでコンビニで腹ごしらえ。頭上にトビが飛び交い落ち着かないにもほどがあったけど、とりあえずおにぎりとサラダチキンで腹を満たす。Polar M200もGPS使い続けたためにバッテリ残量がなくなってきたので充電する。

ここまでのログ。14kmと頑張ったが後半はグダグダなのがよくわかる。まあでも流行りのLong Slow Distanceということにしよう。

体力的にも限界なのがわかったので、ここでやめておけばよかったのだけど、由比ヶ浜から鎌倉駅まで歩くのが面倒だったのと、まだ日が高かったので逗子まであるくことにした。これがわりとはっきり失敗だった。

引き潮だったので由比ヶ浜の東端は

和賀江島が姿を表す。歩いて小坪に行けるのはいいが、足腰フラフラの中でこの岩場は怖かった…

小坪側から見た由比ヶ浜。

ここから地獄の披露山越え。いっきに100m登る。しんどすぎて写真を撮ってない。

心拍数は走ってる比ではない。心底後悔し尽くしたところで頂上へ。そして再び海岸線に降りる。ほんとなぜここは海沿いに道が無いのか…

整備された遊歩道を下って

ようやく地元へ。おつかれさまでした。

後半のログ。ずっと歩いてただけなのに平均心拍数がすごい。

コンビニに寄ってお酒を買い腰を下ろす。さぞかし美味しいだろうと思ったけど、一口飲んだ瞬間に気持ちが悪くなったのでやめた。人間疲れすぎるとお酒が美味しくなくなるんだ。新しい発見。

思いつきで始めて、人生最長の徒歩移動だった。楽しかったけど、筋肉痛が5日続いたのでもうやらない。そして10kmビーチランの本番はあと3日後。

ad

関連記事

no image

訃報〜やりきれない気持ち

先日姉の義父が亡くなった(義兄の父と言う方がいいのか?)。一昨年の引っ越しの際に葬儀参列用の白いシャ

記事を読む

no image

所詮僕はストレスなど感じない男。

先月くらいからずっと右耳が不調だった。飛行機の乗ったときやスピードが速いエレベータに乗ったときに起き

記事を読む

no image

ダメと言われると余計にしたくなるのが人間というもの

ドクターストップがかかり土曜日から酒が飲めない生活になっている。最近は休肝日をつくっていて、もともと

記事を読む

ビーチランのその後とダイエットの状況、そして今後の目標について

ビーチランの9日後に人間ドックだった。それだけ日にちが開いていれば何の影響ないと思っていたのだが、血

記事を読む

no image

『 イントゥ・ザ・ワイルド 』

 俳優として数々の賞を獲得し、監督業でもハリウッドの中で異色の作品を輩出し、それがどれもまた高い評

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑