*

Panasonicの食洗機 NP-TH1 を導入した話

公開日: : 家電・生活グッズ

前々から考えてはいたが、いよいよ家事がしんどくなってきたので、共働きQOLが上がると噂の食洗機を導入することにした。

ビルトインだと選択肢がたくさんあるようなのだけど、後付けのものはPanasonic一択になる。その中でも、住んでいるマンションのキッチンを考えると小型の NP-TCR4 しか適合するサイズがない。

もうそのつもりでもろもろ見積もってはいたところ、家電量販店で実物を見た妻が「この庫内の広さはちょっと狭いかも」と言う。

そして店内で超真剣に筐体を計測し始め(おなじことを考える人が多いのか、食洗機の周りはメジャー代わりになるものがたくさん置いてあった)、「パーツを買い足してキッチン周りのスチールラックを組み直せばフルサイズの食洗機を置く場所は作れる。スチールラックの方は私が買うので、食洗機のサイズをあげてはくれまいか」と提案があった。

プチ食洗機 NP-TCR4 も 最上位機 NP-TH1 も実売ベースだと価格差としては(2017年末の段階で)2万円くらいだ。中途半端なものを買って使われないのなら、ちゃんと使ってくれるものを買った方がいい。なのでスチールラックは妻に任せて、僕はNP-TH1と分岐水栓をオーダーすることにした。

そして当初の予算を超えてしまった分、「取り付けは自分でやろう」と思ったのがこの後いろいろと大変な目にあう布石となる。

食洗機用の分岐水栓取り付けについてはネットで検索するといくらでも記事が出てくる。どれもそれほど難しいことは書いておらず「蛇口のカバーナットをモーターレンチで外し、分岐水栓を取り付ければ完成」くらいで、DIY慣れしてない自分でも簡単にできるような気がしたのだった。

しかしマンションに設置してあった LIXIL の SF-HB420SYX というタイプの蛇口はどうもそういうのとは一線を画すよう。ハンドルレバーをドライバで外す、まではできたが、モーターレンチでカバーナットを外す、がどうにも回らない。

レンチを引っ掛けられる箇所も浅く力が掛けづらいというのもあるけど、動かないにもほどがある。30分くらい格闘したが、無理にやって蛇口を破損したら目も当てられないし、パッキンがちぎれただけでも漏水して大ごとなので早々に自分でやるのを諦めた。

すぐさまネットで調べて、年末のクソ忙しい時期に取り付け作業をしてくれる業者を探す。自宅に人を入れるのに怪しい業者は嫌だったので、名の知れたところに電話してみると、なんと翌日の大晦日に来てくれるそう!さすが大手!状況を見て、その場で見積もりを出し、OKならそのまま施工してくれるそう。最高!

で、翌日、業者の人が来てくれた。

早速状況を見てもらうと「すぐできます。金額は税別8000円ですがどうでしょうか」とのこと。想定よりも全然安かった(家電量販の食洗機取り付け工費とさほど変わらない)ので迷わずお願いすることにした。

しかし、この蛇口はかなりのクセものだったようで、業者の人がプロ工具をフルで導入してなおカバーナットはビクともしない。蛇口そのものをシンクから取り外して作業してみても状況は一つも変わらず…

このあといろいろとあってここでは書けないが、マンションのオーナーの同意のもとで蛇口そのものを入れ替えることになった。ただここを入れ替えると用意してあった分岐水栓は使えず、新たに用意しなければならないので、業者からも「この後も責任もって対応します」とのことで、大晦日の作業ここまで。買ってあった食洗機は、組み直したスチールラックの上に鎮座したまま電源をいれないまま年を越すことになる。

年明け、業者が再度訪問。昨年末のドタバタはなんだったのか、というほどあっさり施工完了。料金は当初の見積もりのままで良いとのことだったので提示金額をお支払い。何度もありがとうございました。助かりました。

で、肝心の NP-TH1 だけど、思っていたよりも動作音や静かで振動も無く、食器の汚れもしっかり落としてくれるのでとても満足している。3人家族だけど、確かに大きな皿や鍋をいれることを考えるとこのサイズがあった方が一度に洗えて便利だ。夕飯後の皿洗いとかダルいことも多いので、それから脱却できるのはほんと助かるし、たしかにこれはQOLあがる。もっと早くに買えば良かった。

ただこのあと、長年使ってきた愛用のコーヒーメーカーが壊れ、使っていたiPhoneを落として再起不能にしてしまったので結構落ち込んでいる。

 

ad

関連記事

iRobot 床拭きロボット ブラーバ380j

iRobotの床拭きロボ ブラーバ380j が我が家に来て1ヶ月経ちました

家事の中でも掃除は決して得意なジャンルではないが、掃除界の中で自分がどこの派閥に属しているかというと

記事を読む

日本的家屋にはマキタの充電式クリーナが掃除機として良いんじゃないかという話

今回紹介するのはこちら↓ 今のところに引っ越して来たときに買ったスティックタイプ掃除機の吸

記事を読む

PHILIPSのヌードルメーカー HR2365でうどんハック

PHILIPSのヌードルメーカーはリリースのニュースで見た瞬間「欲しい!」と思ったガジェットの1つだ

記事を読む

にんべん だしポットで美味い出汁(だし)を簡単に

自宅で料理するときのキモになるはずなのに手間を省かれがちなのが「出汁(だし)を取る」ってあたりじゃな

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑