*

ファミリーキャンプ実践編

公開日: : 最終更新日:2017/09/25 キャンプ・アウトドア

昨年のGWに初めて家族でキャンプをした。ただそのときはテント泊に不安があったのでコテージで寝泊まりしている。今年、再びキャンプをするにあたり、テント類の道具を一通り買い揃えることにした。当初はオールレンタルも考えたが、借りても買ってもそんなに値段差が無い気がしたからだ。

ぶっつけ本番でパーツが足りないとか、組み立てがうまくいかない、とかいうといろいろ面倒なので、購入直後に近場のオートキャンプ場にトライアルに行ったりもしてる。

今年の春にオープンした横須賀のソレイユの丘のオートキャンプ場はフリーサイトでも駐車場がそばにあり、荷物運び用のキャリーも無料で貸してくれるので、手軽にキャンプを楽しむにはとても便利だ。

ここが良いのは水遊び場や大型遊具が近くにあるので子どもが目一杯遊べるところ。人気の場所なのでオートキャンプ場は土日は争奪戦になるが、来年の夏とかは泊まりで使ってみたい。ただ今の所、水場とトイレがちょっと離れてるのが気にはなる。

ともあれ、トライアルは問題なくクリア。テントも大人二人ならほとんど時間をかけずに立てられることも分かった。ということで、9月初旬の週末。友人家族と一緒に山梨のキャンプ場でファミリーキャンプデビューを果たした。

圏央道と中央道のげんなりする渋滞を抜けて15時くらいに「キャンピカ明野」に到着。今回はオートキャンプということで車横付け、きちんとブースが区切られているので設置も楽だ。

寝床を作ってとりあえずビールを飲み夕食の仕込みをしてたらあっというまに日が暮れてしまった。子どもをちゃんと遊ばせようと思うと、秋のキャンプは朝早くに家を出ないとダメだね。反省。ソロキャンプのときはそんなこと考えもしなかった。

夜は大人の時間ということで、ローストビーフを食ったり、僕が仕込んだタンドリーチキンを食ったり(写真無し)、焚き火を囲んで日本酒を飲んだりして過ごす。そして安定の寝落ち。

おかげさまで朝までぐっすり。心配していた「子どもがテントで寝つけないかも問題」もあっさりクリアしてくれた。

初対面のお兄ちゃんたちとも一緒に遊べるくらいになってくれたし、もうあんまりあれこれ心配しなくて大丈夫かもしれない。道具もあらかた揃ったし、寒くなる前にあと2〜3回はキャンプ行こうと思ってる。

ad

関連記事

no image

キャンプ

久しぶりにプライベートで。山の上はちょっと涼しいね

記事を読む

2012 精進湖凸キャンプ

毎年秋恒例の精進湖凸キャンプ。ここ最近日曜の朝に予定があることが多くて泊まりがけでの参加が出来てない

記事を読む

GENTOS EX-366D

真下も照らせる1000ルーメンのLEDランタン、GENTOS EX-366D をキャンプ用に追加した話

そういえば Amazonベーシックのルーフトップカーゴバッグ の他にキャンプ用品を最近もう1つ買った

記事を読む

ファミリーキャンプでのランタンは ソーラーパフ ( Solar Puff ) が最適だと思った件

2013年のVIBES MEETING以来、実に2年半ぶりにキャンプをした。今回はファミリーキャンプ

記事を読む

日光白根山雪山ハイク

昨年7月の八ヶ岳・天狗岳以来の山行、日光白根山に行ってきた。今年は例年になく雪が多く残っているという

記事を読む

ad

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑