*

神奈川の希少な自然を楽しむ「 小網代の森 」

公開日: : キャンプ・アウトドア, 旅行・地域

ゴールデンウィーク、世の中どこも渋滞でうんざりするので電車とバスを使って、神奈川県に残る希少な自然を体験できる「小網代の森」に行ってきました。

京急の終点三崎口駅を降り、油壺行きのバスで2停留所先、「引橋」が最寄り。引橋交差点に新しくできた三崎消防署の前の横断歩道を渡り、134号沿いを右に行けば入り口の案内板があります。ちなみに付近にコインパーキングも含め駐車場はないので公共の交通機関以外で来るルートは今のところ無いです。

入り口は地図で言えばこの辺。案内板は小さくクルマだと見過ごすかもしれないけど、歩いてる限りはその心配はありません。

森への入り口にはマップと注意書きがあります。散策路は綺麗に整備されているので重装備の必要はなく、ただ蜂とかマムシとかがいるらしいのでサンダルに短パンとかカジュアルすぎる格好で来ない方がいいでしょう。ちなみにここから干潟までは片道約1km、高低差約50mくらいです。

入ってすぐはシダが生い茂るジュラッシクワールドのような森が続きます。鳥の声、キツツキ(?)の音以外何も聞こえません。ゆっくり深呼吸しながら下っていきます。

森を抜け、ちょうど散策路の真ん中あたりに出ると湿地帯が広がっています。イトトンボが飛び、カエルの声も聞こえます。空にはトビの姿も。この日は気温が23度くらい。少し汗ばむくらいの中、心地よい風を浴びながら進みます。

この湿原を歩く感じもどれくらい気持ち良いか写真だと分かりづらいので動画でどうぞ。

ほどなくしてえのきテラスに到着。一休みしたいところだけど、道中ですれ違った女性に「干潟でカニのダンスが見られるよ、潮が満ち始めてるので急いだ方がいいかも。」と教えていただいたので休憩を取らずに先に進みます。

えのきテラスから150mも行けば広大な干潟が姿を現します(もちろん時刻によります。小網代の森に行くときは事前に干潮情報を調べていきましょう)。そしてそこにはさまざまな生物をみることができます。

この日の主役はチゴガニ。薄青色の小さなカニですが、可愛らしい求愛ダンスを見せてくれます。こういうの奄美のマングローブでしか見たことありませんでした。神奈川でも見られるんだね。可愛らしくてずっと見ていたい。

この干潟ではチゴガニ以外でもさまざまなカニのダンスが見られるのだそう。小網代の森のカニについてはこのあたりが詳しいので行く前にチェックしておくのがいいと思います。

えのきテラスで一休みしたら、来た道を戻り、往復で大体2時間くらい。子どもが歩くのを嫌がり、道中ずっと13kgを背負って移動することになったのでうっかり良いトレーニングになってしまいました。念のためと思ってdeuterのKid conformを持ってきてよかった…

でもほんと散策路はきっちり整備されているので小さい子でも安心して歩けるんですよ、ほんとに。なので、このゴールデンウイーク期間中、渋滞に巻き込まれるのはゴメンだけど、自然に包まれたいなー、という方は来てみるといいと思います。おすすめですよ!

注意点は1つだけ、帰りのバスです。三崎方面からのバスが大人気の「みさきまぐろきっぷ」などの影響で非常に混んでいることが多く、下手すると来たバスを何本も見送ることになること(本数自体は多いのですが)。また乗れても134号の渋滞がひどすぎて一向に三崎口駅に到着しないこと、でしょうか。もしお子さんも大きくて、30〜40分歩ける余力があれば歩いた方がいいかもしれません…

ちなみに歴史的にこの小網代の森は過去に開発の波にさらされたのだけど、地元の人たちの反対運動によって残ったのだそう。幻の「油壺駅」も含めて予習してから行くと見方も変わってくるんじゃないでしょうか。

「奇跡の自然」の守りかた: 三浦半島・小網代の谷から (ちくまプリマー新書)
岸 由二 柳瀬 博一
筑摩書房
売り上げランキング: 223,829
小網代の谷のカニ図鑑改訂増補版
江良 弘光
小網代野外活動調整会議 (2016-09-08)
売り上げランキング: 548,407
奇跡の自然―三浦半島小網代の谷を「流域思考」で守る
岸 由二
八坂書房
売り上げランキング: 495,158

ad

関連記事

田貫湖キャンプ

バタバタと忙しく、1週間更新が停まってしまいました。9月の連休、1泊2日でキャンプしてきました。場所

記事を読む

2泊3日で高野山〜吉野山 その10 大阪くいだおれ

吉野山から戻ってから夕食。しっかり歩いたのでしっかりとホルモン焼きなど。お店は食べログでも高評価の焼

記事を読む

大磯の左義長に行ってきた

1月12日、西湘バイパスを小田原に向けてクルマを走らせていると大磯の海岸に大きな「何か」がいくつも並

記事を読む

尾瀬ハイキング 1

諸般の事情で一人旅。2泊3日、中日の1日で尾瀬ケ原をハイキングしてきました。 前日、泊

記事を読む

桜の小田原城

平日ど真ん中に満開を迎えるというとてもタイミングが悪い今年の桜。でも日本人としては一年に一度くらいは

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑