*

八ヶ岳・編笠山 山行記

公開日: : キャンプ・アウトドア, 旅行・地域

10/1に八ヶ岳南端にある編笠山(2524m)に登ってきた。山登りは7月の天狗岳以来。今年の秋は台風が多くこの日も直前まで天候がいろいろと心配だったんだけど、大雨にはならなそうという判断で決行された。

dsc02031

9時、入山。実際雨らしい雨は降らなかった。しかしやはり前回同様に山全体が霧に覆われ、真っ白になった山道を進むことになった。

dsc02035

まあそれはそれで雰囲気がある、ということにして、トリカブトが咲く森を歩き

dsc02038

岩の間を抜けて登っていく。

dsc02041

途中、「雲海」と書かれた休憩ポイントで木々の間からわずかに雲海を見た気がするけど…

dsc02039

あれは幻だったのかもしれない。写真を見かえしてもただ白いばかり。

dsc02063

dsc02060

前回の天狗岳と違って救いなのは風がなかったこと。湿度が高いが寒いよりは良い。

dsc02067

登り始めて2時間半。この階段を上ると

dsc02072

藪の中にこういう看板がある。「山頂までホントにあとちょっと!」。冷たいビールがあるとのことだけど、今日は日帰りなので山小屋では飲めない。

dsc02074

その先は高い木もなくなり、ゴロゴロとした大きな岩場が続く。するとすぐに

dsc02077

真っ白な霧の中から山頂が姿を見せた。あの看板とおりすぐはすぐだった。足がフラフラなので時間はかかったけど。

dsc02078

12時、登り始めてからちょうど3時間で頂上に到着。おつかれさまでした。景観は相変わらず残念だけど、やっぱり登りきった達成感は気持ちがいい。

23_large

お腹減ったし記念撮影をしたらすぐに昼飯。いつも念のためバッグに入れてあるが使ってなかったバーナーを今回は使った。事前の動作チェックしてなかったので、ライターがつかなかった時は焦ったけどなんとかなった。点検大事。

dsc02079

カップヌードルカレー。やはり山の上で食べるのは美味い。

dsc02080

〆におにぎりを落とした。これはちょっとやりすぎだったようで、この後リュックを背負ったときに登るときに締めてた腹のベルトが締まらなくなった。

dsc02083

1時間かけてゆっくり休んだら下山開始。ルートは登りと少し変えて、まずは青年小屋を目指す。

dsc02087

大きい岩に足を取られながら先に進むと、霧の中から青い屋根が見え始める。あれが青年小屋らしい。

dsc02089

赤提灯がかかる山小屋。いますぐ宴会がしたい。

dsc02090

ちなみにここに有料トイレがあるので交代で使っている間に休憩。写真の彼はトレーニングの一環らしいが、僕も荷物下ろすと二度と担げなくなりそうな気がしてずっと背負ったままにしてた。

dsc02097

途中少しずつ霧が晴れ始め、雲の隙間から青空も見えるようになってきた。

dsc02102

そして広がる青空。ようやく秋らしい空になった

dsc02103

のもつかの間、再び濃い霧の中に。結局登山口に戻るまでずっと霧の中だった。

16時、登山口に戻る。リーダー曰く、登りのペースはよかったが、下りはだいぶ落ちたとのこと。ルートは若干違うけど、確かに登りも下りも時間が同じだ。16時は当初の予定ギリギリだった。まあともあれおつかれさま。僕はシャツはもちろん登山パンツまでびっしょり濡れるほどの汗をかいた。2L+αの水も飲みきった。

img_5882

なので、最寄りの温泉「スパティオ小淵沢」で汗を流したら水分補給。最初の一杯はあっという間だった。

heartbeat

この日の心拍数グラフ。登り始めてすぐに155bpmを超えてるのはやっぱり日頃の運動が足りてない感じ。あと山頂直前の岩場登りがいちばんキツく177bpmを記録してた。下りは序盤の岩場あたりが高い心拍数を叩いてるが、後半は緩やかに落ちていって良いカロリー消費運動になっている。Polar A360いわく、この日の消費カロリーは5560kcalということらしい。

年内もう一度くらい、紅葉を見に低山に登りたい。DeuterのKid Comfortも仕入れたし、次は子ども連れていきたいと思ってる。トレーニングしないとな。

 

ad

関連記事

灼熱と狂乱の奄美皆既日食日記6.5 – 7月23日(木) 金作原原生林トレッキング

カヌーを終えて名護で昼食。この時もいろいろ面白いことがあったんけど、それは最後のまとめで改めて。腹を

記事を読む

no image

台北旅行記 その4(2日目後半) 九份

 さて、九份へ。MRT忠孝復興駅からバスで、というルートを選択したのですが… まあタイムテーブル

記事を読む

超サイコー! 中房温泉!

仕事の兼ね合いで穂高方面に行っていたのですが、一段落したところで少し足を伸ばして秘湯として知られる中

記事を読む

no image

旅の準備

人生最長、国内旅行で8泊9日、前日準備で1日休むことも入れて10連休となったこの夏休み。3~5月に死

記事を読む

大磯城山公園 紅葉ライトアップ

神奈川県大磯にある城山公園。「旧三井財閥別邸跡と旧吉田茂邸を利用した日本情緒あふれる公園」で、この時

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑