*

八ヶ岳・天狗岳 山行記

公開日: : キャンプ・アウトドア, 旅行・地域

登山としては5月の茅ヶ岳・金ヶ岳以来、標高でいえば10年前に富士山に登って以来の2500m越えとなる八ヶ岳・天狗岳へ登ってきました。

朝9時半。唐沢温泉の登山口から入山。東京は青空ものぞく空模様だったのに、こちらは濃い霧が漂う。結局最後まで真っ白で何も見えない状態が続き、なので今回のエントリではいつものすてきな眺望写真はまったく期待できません。ご了承ください。

DSC01606

木々に立ち込める霧。苔むした森の雰囲気は良い。天候のせいかすれ違う人もあまりいない。

DSC01608

新芽吹く木々を抜けて先に進む。事前にネットで読んだ情報どおり、足場の悪いところや鎖場とかも無く登りやすい。

DSC01612

ゆっくりめのペースで登り始めて2時間くらい、森林限界を超える。雨が降ってるわけではないが、濃い霧で濡れるので生まれて始めてザックカバーを使った。

DSC01619

そして視界が開けてもこんな感じ。達成感というか「良い景色」というご褒美がないと疲れがとれないもんだね。

DSC01622

第2展望台もこんな状況。天気がよければこういう景色が見れるらしいがまあしょうがない。それより、寒くはないが10m近い風が吹いていて、落ち着いて腰を下ろしてもいられない。とにかく先に進む。

DSC01628

そして西天狗岳最後の難所である岩場。風が強いし下りも不安だったのでここで引き返すということも検討したが、グループ内にいた天狗岳経験者曰く「岩場登れば山頂は目の前」ということだったので登ることに。これ経験者いなかったら引き返していた。トムラウシ事故のレポートは熟読してたのでどうしても強風への恐怖心は強い。

DSC01631

登山開始から3時間10分、西天狗岳山頂に到着。バンザイ!岩場終わればほんとうにすぐだった。

DSC01632

もちろん山頂でも何も見えませんでしたが。

DSC01633

動画だとこんな感じ。我々のグループ以外誰もいません。

やはりここでも風が強く、座っていると体が冷えていくので昼食もそこそこに下山開始。当初のプランでは東天狗岳まで目指す予定だったが諦めた。安全第一。

下りの岩場はやっぱり怖い。

DSC01634

2時間後、登山口にだいぶ近くなってきたころになってから日差しが差し始める。遅いよ!

DSC01636

下山開始から2時間半、登り始めからちょうど6時間。登山口に無事到着。疲労で言葉もないまま石の上に腰をおろす。毎度のことながら「体重落とそう」と思ったし、もうちょっと装備の取捨選択が上手にできるようになりたい。

18_large

そしていつもどおり最後は秘湯唐澤温泉で汗を流す。今回は相当汗をかくだろうことを想定してのでフルで着替えを持ってきていて、これは正解だった。帰りのバスや電車でいろいろと気にしないで済むしね。

IMG_4221

そして今回の活量計ログ。日頃の運動不足もあってか心拍数高め。グラフからみて一番しんどかったのは行きも帰りも「第2展望台」付近だったよう。山頂近くの岩場はペースも落ちた分だけそれほどでもなかったみたい。まあ今回もいい運動になりました。体重落ちなかったけどね。

polarsc

そういえば今回も登山靴とかは新宿の「やまどうぐレンタル屋」にお願いした。いつもお世話になってます。

次回登山は9〜10月らしいので、ほんとそれまでに体重落として身軽になっていたい。がんばろう。

八ヶ岳トレッキングサポートBOOK2016 (NEKO MOOK)
ネコ・パブリッシング (2016-05-17)
売り上げランキング: 23,741
ヤマケイ アルペンガイド6 八ヶ岳 (ヤマケイアルペンガイド)
佐々木 亨
山と溪谷社
売り上げランキング: 94,537

ad

関連記事

17th VIBES MEETING in 柏崎 2009 10月12日(月・祝)

この日はわざわざ別エントリにしなくてもよかったか・・・ さて最終日。 あまりの参加者

記事を読む

苦悩してるようにみえる逗子海岸花火大会

以下、個人的感想です。 2015年5月29日(金)、逗子海岸花火大会が開催された。前日の天気予

記事を読む

no image

台北旅行記 その3(2日目前半)

2日目。ホテルのモーニングビュッフェで軽くお腹を満たしてから出発。 MRTに乗って市庁

記事を読む

春を見に南伊豆日野の菜の花畑へ

大型2輪の免許を取ってハーレーのスポーツスターを購入したのが2005年。それから春先になると伊豆をぐ

記事を読む

no image

キャンプ

久しぶりにプライベートで。山の上はちょっと涼しいね

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑