*

突発的に那須へ旅行に行ってきた

公開日: : 旅行・地域

3月中旬にバタバタといろんなことがあった。なので4月に入って少し落ち着いところで家族旅行に行こうと思い立ち、木曜に宿を予約。日曜日から2泊3日で那須に行ってきた。

那須にした理由は「今までこっち方向に家族で来たことがなかった」というのが大きいが、ちょうど東京で時期を終えた桜がこれから楽しめそうな場所だったというのと、動物好きなうちの子どもが喜びそうな

といった動物に触れ合える施設が多い点、そして「幼児に配慮したホテル」というのが検索でパッと見つかったからだ。逆にいうと他は全然調べていない。思いついてから出発まで日にちがなかったし、いろいろ調べちゃうとどうしてもあちこち行きたくなってしまって、ゆっくり休む、という主目的から外れてしまいそうだったからだ。

【桜】

旅行のブッキング自体は場当たりではあったけど、桜に関しては狙いドンピシャだった。那須に向かう東北道上河内SAでの満開の桜にはじまり、

上河内サービスエリア

上河内サービスエリア

初日に寄った千本松牧場

千本松牧場

千本松牧場

見事な那珂川河畔公園(こんな見事な桜の名所、東京だったら花見客で溢れかえるくらいなのに人が全然いなかった!)

那珂川河畔公園

那珂川河畔公園

そのすぐそばの黒磯公園

黒磯公園

最終日に寄った烏ケ森公園はだいぶ桜も散ってしまっていて残念な感じではあったけど、東京や地元であまり花見らしいことができなかったので、3日間存分に桜を満喫できてほんとによかった。これだけで那須に来た甲斐がある。

東京は桜と酔客、そしてブルーシートがだいたいセットになっていて正直見た目があんまり美しくない。那須は空が広いからか桜の枝振りが大きく花ももりもり咲いている。そしてブルーシートをそれほど見かけない。花見自体は好きだけど、桜を楽しみたいときはこうやってちょっと地方を回った方がいいのかもしれない、と今更思った。また来年どこか行こう。

【幼児に配慮したホテル】

離乳食も卒業したとはいえまだまだ手がかかる幼児を連れての旅行、なるべく準備にかける手間や荷物を減らしたくて、子ども連れに配慮したホテルを探してみたらあっさり見つかった。それが今回利用したホテルエピナール那須

エピナール那須

幼児を持つファミリー向けの部屋があったり(部屋数はあまり多くないようで僕らは泊まれなかったけど)、部屋におむつ用ゴミ箱とか用意してくれたりもするんだけど、一番重宝したのは子ども専用のビュッフェがあるところ。

IMG_2508

種類がいろいろあれば気難しいお子様も何かしら食べるものがあるだろうし、分量も調整しやすい。朝夕がこれでとても助かった。ネックは親が自分が食べるものをのんびり選んでられないこと。まあこのあたりは夫婦でフォーメーション組んで対応する感じだろうか。

【動物とのふれあい】

うちの子どもはテレビに犬や猫、ライオンなんかが映ると「うあー、うおー」と喜び、最前列にかぶりつきで観る。なのですっかり動物好きなんだろうと思って、今回連れていったんだけど、生で接するのはまだ怖いよう。

IMG_2734

一定の距離以上絶対近寄らないし、ヤギや羊の餌をもたせても絶対にあげようとしない。この辺は成長すると変わってはくるんだろうけど、今はまだあまり動物中心に旅行を考えなくてもいいな、というのが今回の旅の気づきでもあった。

【ということで】

そんな感じで2泊3日、のんびりと過ごすことができた。旅行というといろいろプランを立てて「あっち行こう」「これ見よう」とか細かく考えるのが好きなんだけど、小さい子どもがいるとなかなかそのあたり思うようにいかなくなるので、しばらくはこういう旅が多くなるんだろうな、と思っている。

ad

関連記事

池子の森自然公園 再び

昨年12月に行われた事前公開にも行った池子の森自然公園。本格的な公開はその時に言われていた「2015

記事を読む

奄美ブルー

記事を読む

VIBES MEETING 2013 その3 東日本大震災被災地をまわる

どこから話すといいのかなぁ。 2011年の東日本大震災が起きてからずっと津波被災地に行きたいと

記事を読む

灼熱と狂乱の奄美皆既日食日記6 – 7月23日(木) マングローブ原生林カヌーツーリング

皆既日食の翌日はアウトドアな1日、午前中はマングローブ原生林でカヌーツーリング。カヌーとか乗ったこと

記事を読む

2泊3日で高野山〜吉野山 その4 高野山 奥の院

さて、この旅行の初日の〆に高野山・奥の院へ。 奥の院前バス停から、弘法大師が安置されている

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑