*

映画『サウルの息子』

公開日: : 最終更新日:2016/04/03 映画・テレビ

先日、2016アカデミー賞 外国語映画賞を受賞した『サウルの息子』を観た。全編にわたって緊張を強いられる映画だった。

『サウルの息子』は、収容されたユダヤ人同胞の死体処理の仕事を負わされているゾンダーコマンドに配属された主人公サウルの視点から、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で起きていたこと、そしてナチへの反乱に至るまでが描かれている。しかしサウルが反乱で活躍する話では無い。協力こそすれ、彼はただひたすらに「息子」を「正しく埋葬する」ことのみに奔走し、映画もそれに沿って進んでいく。

IMG_19542

この映画の最大の特徴は撮影技術というか画面構成にある。

まず予告編にあるようにスクリーンの左右は黒ベタで固定される。映像として動いてる部分は4:3のような画像サイズ。これによって視点はほぼ正面に固定されるように感じる。僕は頭を固定されて映画を見させられたような感覚を覚えた。

もう一つは被写界深度の浅さ。同胞を騙してガス室に送り、遺体を回収して焼き、その灰を川に捨てる作業をさせられ、あげく自分自身も口封じのためにいずれ殺される運命にあるゾンダーコマンドであるサウルが、視界の中でも最低限なものしかフォーカスを合わせずその苛酷な状況を極力直視しないようにしている様が絶妙に表現されている。

そして観客である僕らは、逆に劇中で何が起きているのか理解するために、フォーカスのあっているわずかな部分はもちろん、フォーカスのあってない多くの部分も、必死に見、考えることを強いられる。反乱についてはセリフでの説明もあるが、ゾンダーコマンドとしての苛酷な日々の労働や、ハンガリーから移送されてきた人たちに何が起きているのかは、劇中まったく説明がないのだから。

僕自身、ナチのホロコーストに関しては詳しいわけでも、特別に調べたりもしていない。ゾンダーコマンドの存在もこの映画まで知らなかった。ただ最近NHKスペシャルで放送した「新・映像の世紀」での強制収容所の実態は観ていて、『サウルの息子』でそれがどう表現されるのかに関心があった。

映画では、主人公をヒロイックに描くのでもなく、状況の悲惨さを強調するのでもなく、その不条理な大きな流れの中に置かれた一人の男が、自分が犯した「罪」を神に赦しを得ようとする姿だけが描かれていた。僕らが極限の状態に置かれたときに取れる行動ってきっとこれくらいしかできないだろう。そういう弱い一人の人間の行動のみを追うことで、ユダヤ人が置かれた苛酷な状況を冷静にあぶり出すことに成功していると思う。

正直、これを自宅のテレビでは最後まで観ることはできなかったろう。そういう意味で劇場で観れて本当によかった。重い内容ではあるが、この作品を作った製作陣には敬意を表したい。

NHKスペシャル 新・映像の世紀 DVD-BOX
NHKエンタープライズ (2016-07-22)
売り上げランキング: 5,856

ad

関連記事

no image

かつてない爆笑の連続!『スペル』

正直、「もっと早く見るべきだった」という後悔があるのだけど、それでも「劇場じゃなくてDVDで見てよか

記事を読む

no image

『イージー・ライダー』を見返す

突然見返したくなり、きっとどうせ何回も見るだろう、と思って買いました、DVD。 改めて見て思っ

記事を読む

no image

『スターシップ・トゥルーパーズ3』が7月19日からロードショー

一概に「好き」と言ってもいろんな「好き」の形があると思う。毎日食べても飽きないラーメンと、死ぬ前に今

記事を読む

no image

今日もどこかで『デビルマン』

 家の近所のTSUTAYAでは毎週木曜日に準新作、旧作のビデオ・DVDが半額になるキャンペーンをやっ

記事を読む

話しを聞くたびに毎回モヤモヤする映画鑑賞マナーの話

先日、こういうエントリを読んだ。 映画泥棒と石を投げる者、映画鑑賞時のマナーについて考えていたら混

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑