*

「ジャリチ」という食べ物について

公開日: : グルメ・クッキング

思い出の味というのは誰にでもあると思う。たまにふと「ああ、またあれ食べたいなぁ」と思うようなやつ。「美味い」「不味い」はあまり関係がない。

自分にとって何がそれに当たるかというと、ジャリチになると思う。漢字だと炸裡背と書く。ただその名前を知ったのは充分に大人になった後のことで、子どもの頃、家族の間では「肉天(肉の天婦羅)」と呼ばれていた。その呼び名の通り、カタクリをまぶした薄切りの豚ロースを揚げたもので、中国料理の一つではあるらしい(詳しいことは知らない)。定期的に食卓に並び、パリパリした衣とニンニクが効いた風味が好きで山盛り食べていたのを覚えている。中高校学生時代、僕の身体の油脂分の30%は炸裡背によるものだったかもしれない。

最近、実家に遊びにいく機会が増え、久しぶりに食べたくなったので買って帰って来た。今でもお店があることも、メニューが同じであることも、テイクアウトできることも変わらないことが素晴らしい。

IMG_0436

なんか写真でみるとイマイチ美味しそうに見えないのが悔しい。持ち帰る間に冷めてしまったのも原因かもしれない。

IMG_0438

食べる際は山椒と塩をつけていただくのが流儀。テイクアウトでもちゃんと薬味を同梱してくれる。

子どものころはこれをおかずにモリモリご飯を食べていたが、この歳になってこの食べ物がビールに最高に合うことに気づく。今度はぜひお店で出来たてをかじりながらビールを飲みたい。

ネットで検索してもあまりお店で提供してるところも少なそう。もし食べてみたい、と思う人がいればぜひ錦糸町の栄福までどうぞ。

栄福 (エイフク) – 錦糸町/中華料理 [食べログ]

ad

関連記事

no image

はずである

先日池袋に本場中華料理を食べに行った帰り、そのお店の系列店が経営している中華食材屋を覗いてみた。冷

記事を読む

no image

小アジの南蛮漬け

昨日、ばんやで食事したとき寿司と一緒に小アジの唐揚げをオーダーしました。が、8匹もあってとて

記事を読む

no image

銀座『フリーカフェ』

 銀座シネパトスの地下道を出たあたりにほとんどテナントの入ってないゴーストビルがあるのだけど、その2

記事を読む

ミシュラン1つ星、錦糸町『とり喜』でやき鳥の概念が変わった

喜寿+1となった父の誕生日祝いのため『とり喜』に行ってきたのでそのご報告など。 あのミシュラン

記事を読む

no image

【スクープ!】うおや一丁の焼酎はタピオカが原材料

 キャッサバなら「芋」という言い方もできそうだけど、タピオカって言われるとどうもあのタピオカパールの

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑