*

マザーズバッグはダディッコ(dad’cco)のキャリーオールトートバッグにした

公開日: : ファッション・アクセサリ

クリスマスのプレゼントにと奥さまから貰ったオファーでマザーズバッグなるアイテムを初めて知った。育児に必要なグッズがまとめて放り込めて外出時にも便利なバッグというものらしい。

そう言われていろいろ調べてみると、なるほど確かに便利というのはわかったんだけど、どうにもヤングなママさん向けのキラキラしたデザインのものしか検索結果に出てこない。

googlesearch
google search

奥さまからも「せっかくなら僕にも持って欲しい」とも言われていて、それはそれでまったくやぶさかではないんだが、自分が持つならちょっと落ち着いたデザインが良い。で、結局夫婦二人していろいろ調べて、最終的にこれをプレゼントすることにした。

dad’ccoという名前にも表れているように、もともとは“男の子育て応援ブランド”としてスタートしたメーカー。そこがワーキングマザー向けに作ったのがこのバッグらしい。エルゴベビーのベビーキャリアも入る、というのが売りのようだが、それ以外にもいろいろ考えられていて、たしかに良く出来ている。

我が家の場合だと収納物はだいたいこんな感じ。

ベビーケープ、Babybjornの抱っこひも、patagoniaの帽子、タオル、ミルク用のお湯が入ったサーモス、哺乳瓶、固形ミルク、着替え、予備の肌着、おむつ(3枚)、除菌お手拭き、お尻ふき、オムツ替えパッド、お守り、手提げ袋。

R0010888

ベビーケープは最後に入れるとして、それ以外はだいたいこんな入れ方になる。サーモスと哺乳瓶はバッグ両脇にあるホルダに収納。

R0010870

撮影用に口を広げないと、実際はこんな感じ。

R0010876

これだけ詰めて重さが3.3kg。写真のサーモスにお湯が入っていないので実際は4kg弱くらいになるかもしれないが、赤ちゃんを抱っこした上で、これくらいの重さならママでも許容範囲だろうし、パパならまあ余裕だろう。

R0010879

R0010882

横から見た図。このバッグのいいところは斜めがけ用の肩ひもが標準オプションでちゃんとついているところ。なで肩な僕にはとても嬉しい。パスケース付きなので、ワーキングマザーの通勤用としても便利なんじゃないだろうか。

R0010866

そしてもう一つのオプション、オムツ替えパッド。3ヶ月の赤ちゃんを乗せるとこれくらいの大きさ。外出先でのオムツ替えもこれがあれば安心ですよね。

R0010894

そして、身長165cmくらいの人が持つとこれくらいの感じ。小柄な女性が持つとちょっと大きめかもしれない。でも男性が持つならちょうど良いんじゃないでしょうか。

IMG_8785

とても満足いく一品なのだけど、奥さまが言う唯一の不満はバッグ内左右にあるドリンクホルダの作り。あらゆるサイズのボトルに対応できるように、またはそれらが無い時に収納の邪魔にならないように、ベルクロで脱着できるようになっているんだが、それが微妙に使い辛いみたい。dad’ccoのトートバッグのようにボトルホルダ部分のサイズは決め打ちでいい、らしいです。確かにサーモスも哺乳瓶もペットボトルもそんなにサイズにバリエーションがあるわけじゃないですしね。

とはいえ、最近はウチの子も散歩に連れ出す機会も増えているし、dad’ccoのキャリーオールトートバッグはとても重宝していますよ。

ad

関連記事

『吉田カバンをカメラバッグに』までの道のり 前編

一眼レフを持つようになってから7年近く。欲しいと思ってはいたけど、”これだ!”というカメラバッグを出

記事を読む

no image

世界最高級のスウェットをご紹介します。

楽天で買い物すると購入確認ページの一番最後に関連メルマガを読むかどうかのチェックボックスがあって、し

記事を読む

no image

婚活NG、1位は「リュック」、だがちょっと待って欲しい

結婚情報サービス大手オーネットが、縁結びに世話を焼く女性アドバイザー120人にデートで男性が気を付け

記事を読む

no image

「やらないか」Tシャツが発売になったわけですが

お馴染みの「やらないか」がオフィシャルでTシャツになった、というニュースが流れています。今まで一部の

記事を読む

no image

香水の話しとか

 香りはオシャレの締めくくり。香水を使い出して久しいけど、最近使っているものの話し。  Dioirの

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑