*

牛久大仏と霞ヶ浦

公開日: : 最終更新日:2014/09/13 バイク

気がつくと1ヶ月ぶりのエントリになってしまった。書きたいことはあれこれあるんだけど、やることが多過ぎて机に座ってゆっくりエントリを書いている時間がない。とはいえ、日々ネタは溜まっていくし、ここらで先日のツーリングネタでエントリを1つ書いておく。先に言うとオチはない。まあ日記だと思ってもらえれば。

梅雨入り前の5月は本当にツーリングには最適な季節。湿度の無い25度くらいがいちばんバイクに適していると思う。そんな日和の中、今回は茨城を目指した。思えばいつも通り過ぎるばかりで、茨城を目指して走ったことはほとんど無かったように思う。

朝7時半に家を出て事故渋滞の首都高を脇目に見つつ常磐道へ。守谷SAで友人たちと合流した後、つくばJCTから圏央道に入り東に進む。

牛久阿見ICを過ぎた辺りから、春霞の遥か前方に巨大建造物が姿を見せる。ブロンズ立像としては世界最大という牛久大仏だ。こう言うと大変罰当たりかもしれないけど、スケール感がおかしくなってきて、近づいていくたびに笑いがこみ上げてくる。なんだこの大きさ。

11時過ぎに到着。入場料を払って苑内に入る。

牛久大仏 Giant Ushiku Amida Buddha

比較するものも写ってないとピンとこないと思うのだけど、像の高さは100m、台座を除けばあの自由の女神の約2倍の大きさだという。

牛久大仏 Giant Ushiku Amida Buddha

茨城のこの地になぜこんな巨大建造物を建立しようと思ったのか。

牛久大仏 Giant Ushiku Amida Buddha

どういう事業計画の上で建立にゴーサインが出たのか。その企画資料はぜひ見てみたい。

牛久大仏 Giant Ushiku Amida Buddha

大仏は中に入る事もできる。胸のあたりにある展望台までエレベータで上がる事も可能だ。ただ構造上の問題なのか安全上やむを得ないのか、展望窓は狭く、牛久の眺望をパノラマで楽しむ、みたいなことは期待できない。

また展望台以外の展示も予想以上に普通で、地方の観光地にありがちな展示やお土産屋が続く。大仏内に入るのに入場料に300円を上乗せする必要があるが、時間に余裕がある人以外は無理に大仏内に入らなくてもいいかもしれない。周囲からでも有り難みは充分堪能できる。

RIMG0080

余談だけど、池の鯉が餌を貰おうと前のめり過ぎて凄まじかった。大量の鯉が大きな口を明けて浅瀬に乗り上げてきていて、このまま後10年もすれば陸に上がれる能力を身につけた個体が産まれる可能性も十分あり得そうなくらい怖い。鯉にも煩悩を捨て解脱の道を誰か指し示してあげるべきなのではないだろうか。

IMG_5900

昼は鰻。茨城県の霞ヶ浦周辺はそばと鰻が有名らしく周囲にお店がたくさんある。その中の一つ「井嶋屋」へ。絶滅の話題も絶えず、しばらく食べるのを控えてたけど…やはり美味しかったです。鰻、ごめん。

食事を済ませたら後はひたすら霞ヶ浦周辺道路を走る。

霞ヶ浦周辺をグルっと囲む道路はバイク雑誌やツーリング系WEBサイトに良く出てくる。本来は河川管理者用の道路らしいのだけど、交通量もさほどなく、ガードレールもないので視界広々とした気持ちの良い道だった。

RIMG0091

道幅は広くないので対向車が来ると脱輪しないようやや緊張する。まあ景色もいいのでスピードを出さずノンビリ走るのには丁度いい。

RIMG0092

とても良いルートだったけど、良くも悪くも観光地化されていないので途中で休憩する場所がまったく見つからない。写真を撮るのにバイクを停めるのも道が細くてやや憚れる。河川管理者用道路なので渋滞するようなことは避けたいのだろうけど、道の駅とか湖に面したカフェとかがあると助かる。というか欲しい。

霞ヶ浦をおよそ半周したあたりで日もだいぶ傾いてきたので大栄ICから東関東自動車道に入り帰宅。行きの事故渋滞は免れたけど、帰りは湾岸線の事故渋滞に飲み込まれ帰宅は20時ちょっと前。でもひさびさのツーリング楽しかった。

しかしこのメンバーでのツーリングもだいたいこれで東京近辺は行き尽くした感がある。次は1泊2日くらいで長距離とか考えた方がいいんだろうか。

ツーリングのすべて (エイムック 2660)
エイ出版社 (2013-07-19)
売り上げランキング: 492,240

ad

関連記事

no image

それでは

寝坊していきなりスタートが遅れてますが、行ってきます

記事を読む

no image

2008年 VIBESへの旅 2日目(10月11日 土曜日)

一晩中雨が降り続け全然寝れんかった。それでも朝には雨がやみ晴れ間が覗く。荷物をまとめて8時に出発。

記事を読む

no image

VIBES MEETINGへの道程を考えている

 童貞じゃなくて。 10月11~13日の連休に行われるVIBES MEETING。ここのところずっと

記事を読む

no image

VIBES MEETING in AICHI TOKONAME #vm20th

 一昨年の新潟以来のVIBES MEETINGへ。参加は2年ぶり4回目。  今年の会場となった愛知・

記事を読む

17th VIBES MEETING in 柏崎 2009 10月12日(月・祝)

この日はわざわざ別エントリにしなくてもよかったか・・・ さて最終日。 あまりの参加者

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑