*

映画『アナと雪の女王』

公開日: : 映画・テレビ

実はディズニーアニメを劇場で観たことがない。(ディズニー・ピクサーは『ファインディング・ニモ』と『レミーのおいしいレストラン』の2回ある)。エンターテインメント性の高さは疑わないけど、あの悪意ゼロな爽やかストーリーがどうも受け付けなかった。ベタなラブストーリーが苦手だから、というのもある。なので『アナと雪の女王』もそもそもウォッチリストに入ってなかった。

アナと雪の女王
『アナと雪の女王』公式サイト

だけどWEBの観測範囲をウォッチしていると、どうも本作は今までのディズニープリンセスモノとは一線を画すものらしいという情報を目にする事が多く、というか普通に面白そうだ。

もはや男は添え物? 「アナと雪の女王」見てきた – ハート♥剛毛系

珍しく奥さまとも意見が一致したのでさっそく週末に観に行ってきた。

結論から先に言うと素晴らしかった。子どもたちも観るので決して凝ったストーリー展開にはなってないけど、最後まで飽きることなく観ることができる。CGによる映像表現も素晴らしい。

以下、ネタバレ。

”ディズニー初のダブルプリンセス”みたいな言葉も聞いてはいたけど、すでにプリンセスであるという設定はストーリー的にはほとんど意味がなく、厳密な意味での白馬の王子さまも登場しない。主人公の女の子たちは「自分の運命を変えてくれる(救ってくれる)誰かを待つ」のではなく、一人は”ありのままの自分でいいんだ”ということに気づき、もう一人は自らの力で変えるために雪深い山を突き進んでいく。そしてそういう選択をしたとしても「少しも寒ないわ」と高々と歌い上げる。自分を抱きとめて、救ってくれる王子様なんて必要ない、と言うかのように。

アナの心の傷はその傷を与えた人との和解によってしか癒されず、王子様が介在する余地すらない。あれだけ命がけで協力してくれたクリストフですらご褒美はキス一つだ。王女とのキスの価値をどう見積もるかは人それぞれだろうけど、でも劇中でクリストフはアナと結ばれたのかどうかはっきりしないまま終わっている。

単純に「すごいな」と思った。

個人的に、ディズニー(プリンセス)作品が好きな人たちって今までどおりのベタなラブロマンスが好きなのだと思っていたし、そういう層に向けてディズニーも作品を作っているのだと思っていた。そういう世界観がディズニーなのだとも思っていた。だけど『アナと雪の女王』はそういうものへ否定をするのではなく、別な世界を見せようとしている。それが今回ディズニーアニメとして初めてとなる女性監督によるものなのか、徹底したマーケティングによるものなのか、はたまたその両方なのか、は不明だけど。

オラフの役回りは謎だったけど、頭が取れたり視界が逆さまになったりするたびに場内の子どもたちが笑っていたので、映画を観に来た子どもたちに飽きさせないための道化だとすれば納得がいく。そういうところもよく考えられていてさすがだな、と思った。

絶賛だった奥さまは「もう一度みたい」とまで言ってた。が、今までどおりのディズニープリンセス的ラブロマンスを期待して見に来てた人たちはどういう感想なのか、にとても興味がある。「置いてけぼり」を感じたのか、「素晴らしい」と思ったのか、どちらなのだろう。

ad

関連記事

映画『エクス・マキナ』(ネタバレあり)

一部で話題になっていた『エクス・マキナ』を観てきた。なるほど、第3次人工知能ブームと言われる今の時代

記事を読む

no image

『ターミネーター4』

 原題は『TERMINATOR SALVATION』。  正直言うとよくわからんかった。確かにシ

記事を読む

no image

『 潜水服は蝶の夢を見る 』

 久しぶりのフランス映画。雑誌『ELLE』の編集長だったジャン=ドミニク・ボビーの身の上に起こった実

記事を読む

no image

『 プライドと偏見 』〜ありえない誤訳

『 高慢と偏見 』も読み終えたところで、前からちょっと気になっていた『 プライドと偏見 』を借り

記事を読む

no image

「エイリアンVS. プレデター」続編、タイトル決定か

帰宅早々ビールを吹いた。 「エイリアンVS. プレデター」続編、タイトル決定か(allcine

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑