*

東京・虎ノ門にオープンした『台湾麺線』を食べた

公開日: : 最終更新日:2014/09/13 グルメ・クッキング

2012年の2月に3泊4日で台北に旅行に行った。初台湾。

そして最初に食べたのが西門駅近くにある阿宗麺線だった。

阿宗麺線

鰹出汁の利いたとろりとしたスープが僕の好みにピタッとはまった。旅行中は他にもいろいろと美味いものを食べたけど、「一番美味かったのは何?」と聞かれれば、僕は迷わず麺線と答える。

しかし、日本国内には中華料理や台湾料理を食べさせてくれるお店が星の数ほどあれど、麺線の店が無い。唯一蒲田の喜来楽(シライル)がメニューにあるが専門店というわけではない(美味いけど)。麺線専門店の登場をほんと心待ちにしていた。だから虎ノ門に専門店が出来ると知ったときの天にも昇るような気持ちと、営業時間が平日の昼間(11:00〜14:00)のみと聞いた時の絶望感は、筆舌に尽くし難い。

悔しくて悔しくて歯ぎしりで歯がすり減り、枕を涙で濡らす日々を過ごしていた、そんな中、こんなTweetが流れてきた。

行きます!行きます!万難を排して行きますよ!

三連休初日の予定は決まった。いざ虎ノ門。

前ふり長くてすいません。

電車で片道1時間半って飛行機で台北へ飛ぶのとそんなに時間差がない気もするけど、念願の『台湾麺線』。

台湾麺線

12時をちょっと過ぎたくらいに到着。数名が並んでいるが、すごい混んでるという感じでもない。

台湾麺線

調理が注文が追いついてないのか「少々お待ちください」ということなのでマンゴービールを飲みながら待機。

マンゴービール

10分ほどで到着。麺線とミニ魯肉飯(ルーローハン)セット 750円。基本はレンゲで食べる、が、箸もついてくる(魯肉飯も頼んだから?)。

台湾麺線とルーロー飯セット

麺線アップ

台湾麺線

思っていたとおりの味でとても満足。やや台湾らしいクセは抜けてるような気もするけど美味しいです。涙出そう。これ書いててもまた食べたくなってきた。麺はもうちょっと多くてもいいかなぁ。もしくは麺線はワンサイズしかメニューに無いみたいなんで600円とか650円とかで大盛りメニューとかも作ってくれるといいかもしれない。

魯肉飯(ルーローハン)もお肉がホロホロで美味しかった。希望を言わせてもらえればもうちょっと八角を利かせてくれると嬉しい。ただ八角が苦手な人も多いみたいだから仕方ないのかも。でも都心に鬍鬚張魯肉飯が無くなってから久しく美味しい魯肉飯を食べてなかったんで、これはこれでまたたくさん食べたい。

ちなみにお店にはイートインスペースと言うのが(2014.3.21現在)無く、テイクアウトにするか、こんな感じでまさに台湾ライクにお店の外で食べることになる。こういうの慣れてる人はいいけど、念のためご注意を。

台湾麺線

ということで、またぜひ行きたいので、心より休日と夜の営業を希望します。この思いがお店のみなさんに伝わりますように!!

ad

関連記事

no image

今川焼き in ビバリーヒルズ

アメリカのビバリーヒルズで今川焼が話題、というにわかに信じがたいが面白いニュースが。 ビバリー

記事を読む

かき小屋@八景島 新鮮なプリプリの牡蠣を焼いて喰う!

かきが名産の広島に「かき小屋」というカルチャー(?)があるのは以前から聞いていて、かき好きを自称する

記事を読む

no image

蔵元創作料理 天青

一年で一番夜が長い日となる冬至が僕の誕生日なのですが、その日に地元で有名なお店でお祝いしてもらいまし

記事を読む

no image

不思議なお店 蒲田『コムシェソワwith餃子工房』

東京のDEEP SOUTHといわれる蒲田が宇都宮、浜松と並ぶ餃子の街であることはみなさんご存知だとは

記事を読む

素麺専門店『阿波や壱兆』

人類は2つのタイプしかいない。“素麺が好き” か “素麺を知らない” かだ。 しかし、前者の立

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑