*

「みやぎのもちっ粉」は想像以上にお餅でした

公開日: : 最終更新日:2014/09/20 グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき

もともとはアウトドア系の情報を発信しているAkimamaさんのこの記事でした。

震災の経験が生み出した「みやぎのもちっ粉」、山の行動食としても注目を集めています。

ちょっとしたハイキングにお弁当もっていくのも手間だけど、おにぎりとか棒ラーメンとかワンパターンだしなぁ、とは前から思っていたのもあって、新宿のICIスポーツで売っているのを見かけたので速攻で買って帰りました。

もちっ粉」さんのパッケージはこんな感じ。1パッケージ315円。

R0014823

内容物は2食分の「もちっ粉」と水計量用の紙パックのみ。シンプルです。

R0014824

最初なんで水は50ccきっかりと計量カップで量ります。

R0014825

もちっ粉」が詰められているビニール袋の中に水を入れ、口を縛ってあとはひたすら手で揉むだけ。最初は「あれ、大丈夫かな」という感じのモソモソさですが、揉んでいるうちにそれっぽくなってきます。パッケージに書いてある5分がおおよその目安。

R0014826

ちょっと心配だったので7〜8分揉んでみました。取り出して皿に盛ってみると…餅っぽい。

R0014828

粘度はかなりのもので小皿が余裕で持ち上がったりする。

R0014830

さっそく齧ってみましたが…餅です。想像以上にお餅ですよ。切り餅とは違った、ほんとついたような柔らかいお餅。粘りはしっかりあるけど喉に引っかかるような感じはない。そして味も美味い。

あまりの美味しさ磯辺にしてペロッと食べてしまったので(写真撮り忘れた…)、もう1袋開けて再度「もちっ粉」を揉む。今度は納豆餅で。

R0014832

すごい美味い。いやなんか自宅で気軽にこういうお餅食べれるのちょっと嬉しいかも。ちょっと小腹が空いた時とかにも重宝しそう。

そしてハイキングとかでの携行食として利用するなら、出来上がり後にビニール袋から取り出さずにそのまま食べれば手も汚れないし、パッケージもコンパクトなので邪魔にならないからリュックの隅に入れておけばいろいろと重宝するんじゃないかと思う。沢の水で作ると美味しそうな気もする。こんど試してみよう。

ということで、ウチも災害時の備蓄用とハイキングとかでの携行食用に数パック購入決定しました!興味ある方、まずは1パック試してみては。ほんとオススメです!

ad

関連記事

遠州グルメ遠征 〜 浜名湖うなぎと静岡おでん

こう寒い日が続くとバイクに乗る気力もなくなるのだけど、とはいえずっと家にいるのも退屈で、こういう時は

記事を読む

新型コロナウイルス世界の生活日記 2020年4月12日(日) 4日目 #5歳児と一緒

家族全員休み。曇りのち雨。 大きな変化はない。もちろん新型コロナウィルスの感染者は増加の一途を

記事を読む

田貫湖キャンプ

バタバタと忙しく、1週間更新が停まってしまいました。9月の連休、1泊2日でキャンプしてきました。場所

記事を読む

no image

週末日記(厄払い 〜 GHOST WORLD 〜 LATINO HEAT 〜 フットサル)

 近所の梅が満開になりつつある。日も少しずつだけど暮れるのが遅くなってきていて、もうちょっと我慢すれ

記事を読む

第41回東京モーターサイクルショー

毎年恒例。3月最後の金・土・日に開催される『東京モーターサイクルショー』に今年も行ってきました。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑