*

映画『きっと、うまくいく』(追記あり)

公開日: : 最終更新日:2014/09/21 映画・テレビ

最近インド映画づいてるというのもあり、映画『きっと、うまくいく』を見てきました。タイトルがJ-POPの歌詞みたいですが、これは劇中に繰り返し出てくるフレーズで映画のメインテーマ。原題は「3 idiots」、まあ3バカトリオってことでしょうか。悪くない邦題だと思います。


『きっと、うまくいく』の日本語予告編。もうちょっと内容どうにかならなかったのか…

映画の大枠としてはいつもどおりのボリウッドフォーマット。しかし本作は理系大学生が主人公ということもあってか(?)ラブロマンスは少なめで、映画後半にならないとそういう要素が出てきません。邦題のとおり「(諦めずにいれば)きっと、うまくいく」というのがメインテーマになっていて、エンジニアを目指す3人の底抜け理系男子を中心としたコメディ青春映画になってます。

劇中では完全な悪者というのはほとんどなく、ライバルも愛嬌あるキャラだし、派手な爆発シーンも面白CGもなし、豪華なダンスシーンも控えめなのだけど、序盤から映画各所にちりばめられた細かい設定の数々が後半で一気に回収されて大団円ハッピーエンドを迎えるのはものすごい爽快感があります。エンディングでの美しい風景と主人公たちのじゃれ合う姿がほんとに心地いいというか、今までのボリウッドとはちょっと毛色が違う感じです。ほんとに良い映画。

3idiots
(C)VinodChopraFilmsPvtLtd2009.Allrightsreserved

気になったのは、学業や人生に悩んだりで劇中で2人の大学生が「自殺」を選択していること。コメディ映画の中のことなんで真に受けても仕方ないと思ったんだけど、なんとなく気になって調べてみたら、インドは2006年で約5700人、2011年も約7700人の学生が自殺しているっぽい。

Rising student suicides in India

Around 21 students take their lives in India everyday and every 10 minutes someone in this country commits suicide, say studies. In fact, while 5,757 students committed suicide in 2006, there was a staggering spurt of 33.6% to 7,696 in such cases in 2011.

そういえば年間3万人が自殺する国・日本でも2011年は学生・生徒の自殺者数が1000人を越えたそうだけど。

白書では11年の学生・生徒の自殺者数が1029人で、初めて1000人を上回ったと報告。自殺者数が急増した1998年を起点とした推移でも近年は20代の自殺率が高まっており、若年層の雇用情勢が悪化していることが影響していると指摘している。

文化や宗教、家族のあり方とかも日本と全然違うだろうけど、全人口に対する学生の自殺者の比率は同じくらいだろうか。人口比での若い年代の比率はインドの方が圧倒的に多いだろうけど、かなりの割合で高校・大学と進む日本と違って、極少数が進学する(であろう)インドからすると、この「学生の自殺」数というのはかなり大きな社会問題になっているんじゃないだろうか。そういう”悩んでいる若者たちに向けてのメッセージ”としてこの映画はあるのかも、という気もします。

だから、そういうメッセージ性のある映画としての『きっと、うまくいく』が、今までの恋ありダンスありのエンターテイメント全開のボリウッドと「毛色が違う」と感じたのかもしれません。とはいえ、そのメッセージ性は普遍的なものでもあるので、就活で悩む日本の大学生とかが見ても全然いいんじゃないかと、共感できることも多いように思います。ストーリーは極端かもしれませんけど(笑)。

ただ正直、「強姦」スピーチで大学生が爆笑するシーンは昨今のニュースを見聞きするかぎり「なんだかね」とは思います、根が深いというか。この映画の本国での公開は2009年ではありますけど、2013年の日本からするとちょっと笑えないですなぁ…

まあそういう面は置いといたとしても、映画全体のクオリティもとても高く、3時間近い超大作な割には最後まで飽きることなく見れる良作だと思いますよ。お近くの映画館でかかったときは是非観に行ってあげてください!

(追記)

丁度、2012年度の日本の自殺統計が発表されてた。若者(学生では区切っていない)の自殺が増加傾向にあるらしい。日本ももっと「きっと、うまくいく」と考えられるようになるといいですね。

若者の”自殺”が深刻、20~39歳各年代の死因は自殺が最多–就職・勤務で悩み | ライフ | マイナビニュース

ad

関連記事

no image

『夕凪の街 桜の国』

 細かいところに違いはあれどストーリーはほぼ原作に忠実。103ページというボリュームは映画化には丁度

記事を読む

DVD発売記念「ATARI GAMEOVER」(アタリ ゲームオーバー)特別上映会に行ってきました。

ゲーセンで『マーブルマッドネス』や『ガントレット』をプレイし、SEGAのメガドライブで『ペーパー・ボ

記事を読む

no image

自意識過剰な中学生に娘を殺された女教師が徹底的に犯人を追い込む痛快復讐活劇 『 告白 』

話題の『告白』を見てきました。 (C)2010「告白」製作委員会 復讐劇といってもハリウッド映画の

記事を読む

no image

『永遠のこどもたち』(原題:『孤児院』)

 『永遠のこどもたち』を見て来ました。 ←こんなキービジュアルで、キャッチコピーは「愛を信じた

記事を読む

no image

映画『スケッチ・オブ・ミャーク』を見てきて思うこと

民俗学的な知識とかは諸星大二郎経由のものしか持っていないけど、神事・祭事以外にも民謡に関して個人的に

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑