*

伊勢原の大山が想像以上に登山だった件(後編)

公開日: : 最終更新日:2014/09/21 旅行・地域

前編はこちら

さて、地獄の27丁目を過ぎてあと少し。鳥居を過ぎてしばらく登ると右手奥に頂上本社の鳥居が見えてきます。

最後の力を振り絞って階段を登り鳥居をくぐるも、力尽きてがっくり肩を落とす奥さま。達成感を現す気力もないご様子です。おつかれさま。

大山登山大山登山・頂上

頂上から望む相模湾。霞んでいたのが残念だけど、本当にいい眺め。これ見るために登ってきたよ。うん。

大山登山・頂上

本社から振り替えってみると木々の狭間から富士山も顔を出している。

大山登山・頂上

老いにも若きにも追い抜かれ、午前11時には無事山頂到着。2時間半近くかかった。

頂上は決して広くないけど、腰を下ろす場所はそこここにあるのでリュックを降ろしてお昼ご飯。美味い。1時間ほど休憩したら下山。ルートは登りとは別、まずは約2km先の見晴し台を目指します。

大山登山

登りが延々と登りだったように下りも延々と下り。今年一年分の階段を降りたんじゃないかと思うくらい。だんだん腿と膝がしんどくなってくる。ほんと大山を舐めてました。すまん。

大山登山大山登山

予定の倍、2時間近い時間をかけて見晴し台到着。イスにどっかと腰を下ろす。景色が美しいのが唯一の救い。一休みして再出発。

大山登山・見晴し台

見晴し台にはケーブルカー終点から登ってきたと思しき軽装の人たちが結構いて、この先は楽なんだろう、と思っていたけど、そんなこと全然なかった。無言で先に進む。

大山登山

ふと見上げると巨大杉が。巨木好きなので近寄ってみる。絆の木というらしい。大山祇神の御神木ということだけど詳細は不明。

大山登山・絆の木

大山登山

大山登山

ちなみに下り(見晴し台ルート)は登りのように「丁目」の表示とかが何にも無い。残りどれくらいなのかがわからず難儀した。

やっとの思いで二重滝に到着。清涼感のある美しい滝です。ここまでくれば後少し。

大山登山・二重滝

ほどなく阿夫利神社下社に到着。帰りは折角なんでケーブルカーは使わず、女坂を降りて大山寺に向かう事に。

ここが女坂、男坂の分岐。男坂は時間はかからないけど急なルート、女坂はゆるい、ってガイドブックにもあるんだけど…

大山登山・女坂

実際はものすごい急な階段が続きます。登ってくるのも相当しんどいと思うけど、下りは下りでかなり怖い。しかも崖側に特に手すりとかあるわけじゃないのでうっかり足滑らすとかなり危険。足腰に不安があるようなら無理せずケーブルカーで降りた方がいいかもしれない。

大山登山・女坂大山登山・女坂

そしてこの日も、年配男性がほんとに足を滑らせて転倒したようで、担架を担いだ救急隊員が階段を駆け上ってきていた。男性は大事には至ってなかったようなので一安心。真面目に注意が必要な場所です。

大山登山・女坂

急な階段を降りきると大山寺の裏側に出る。正面に周りお参り。間際でケガした人を見てることもあって、道中最後までの無事を祈る。

大山登山・大山寺

境内の草木もほんとに美しい。

大山登山・大山寺

大山登山・大山寺

最後に記念撮影。

また、ここの階段の参道は紅葉時はほんとに凄そう。人も多いんだろうけど機会あれば是非また来たい(ケーブルカーで)。

DSC_4464大山登山・大山寺

この後はようやく”ほどほどの下り”が続く。女坂七不思議と言われる爪切地蔵、子育地蔵なんかの脇を抜けて先に進む。

大山登山・爪切地蔵

大山登山・子育地蔵

最後の最後で小田急のサイトにあったのと同じ構図を発見したので写真を一枚。

大山登山

16時、追分到着。写真右側の階段が男坂ルート。きっとこんな急な階段がずっと続くはず。左側に進むと女坂ルートです。

大山登山・追分

このまま帰ると足腰が踏ん張れずにバイクを倒しそうだったので茶屋へ。田楽やお豆腐なんかで小腹を満たし、お茶でホッと一息。想像以上にしんどい大山でした。後々調べてみると富士登山の練習用に登る人もいるそうなんで、いや、いろいろと納得です。

大山登山・大手鞠

参道に咲いていた大手鞠がキレイでした。この時期は良い季節ですよね。

という感じで、無事大山登山終了。想像を越える辛さでしたが翌日にさほど筋肉痛も出ずホッと一安心。次回は標高はもうちょっと高くてもいいけど勾配がきつくない山にトライしたいです。

山と溪谷 2013年05月号
山と溪谷 2013年05月号

posted with amazlet at 13.05.06
山と渓谷社 (2013-04-15)

ad

関連記事

宮島〜厳島神社めぐり8 最終回

半日の旅行でこんなに沢山写真を撮ったことがなくて、それをまとめておきたいところから始まったこのエント

記事を読む

灼熱と狂乱の奄美皆既日食日記8.5 – お世話になりました、ビッグII

最終日の話の前にもうひとつわき道へ。 今回の奄美滞在でホストファミリーの皆さんの次にお世話にな

記事を読む

那珂湊おさかな市場

そういえば国営ひたち海浜公園に行った帰りに、那珂湊おさかな市場に寄ってきました。 地元

記事を読む

南紀白浜・熊野・伊勢ツーリング(4日目・伊勢参拝〜土砂降りで死ぬ思いの巻)

4日目。7時起床。空は雨が降ったりやんだり。 夜のバタバタの関係か、ボクの眼鏡がバラバラで発見

記事を読む

灼熱と狂乱の奄美皆既日食日記8 – 7月25日(土)奄美郷土家庭料理とシマ唄の店「かずみ」

やっぱり1ヶ月も間が開くと記憶が曖昧だなぁ。前回のエントリーは思い違いで24日の夜はそのまま家でご飯

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑