*

沖縄旅行 その5 2012/07/04 水納島〜きしもと食堂

 永遠に終わらない沖縄旅行記、その5。3日目に突入しました。

 観光らしい観光は前日で終了したので後はのんびりリゾートを楽しむことに。天気も最高に良く、予定どおり宿からクルマで15分、それから小型フェリーで15分で行ける水納島に向かいます。

 1時間に1本の割合でしかフェリーが出てないので「満席で行けない」ということが無いように早めに乗り場へ。チケットを購入。特に問題もなく9時半に渡久地港を出発、本当に15分後に到着です。

水納ビーチ

桟橋のすぐ目の前に広がっていたのは白い砂浜と青い海!すごいなんだこれ。こんなの写真集でしか見たことないぞ。

水納ビーチ

遠くに特徴的な伊江島の城山の姿も見えて、この砂浜と海がよりいっそう非現実っぽいイメージに。なんか出来過ぎちゃっておとぎの国のようだ。

 そしてすごいのはゴーグルをつけて水に潜ればすぐそばの珊瑚の周りに当たり前のように魚たちが泳いでるのが見れるところ。種類もサイズも豊富で本当見て
いて全然飽きない。シュノーケリングとなると救命具付けろとか面倒なこと言われるのだけど、ゴーグルだけならぜんぜん気軽。息が続く限りずっと水中を見て
た。おかげて背中ばっかり日焼けしてしまったんだけど。防水対応デジカメもってくればよかった。

ハイビスカス

なんだかんだと3時間ほどビーチを堪能。クルマを運転するからビールが飲めなかったのは本当に残念だけど、最近のノンアルコールビールの性能の高さには助けられた。機会があればここにはまた来たい。次回はまるまる1日使ってもいいな。

 13時発のフェリーで本島に帰島。一旦宿に戻ってシャワーを浴び、おきなわそばを求めて再度出発。

R0011813

 クルマで20分程度できしもと食堂 八重岳店に到着。

R0011812

ダシの聞いたスープとホロホロの三枚肉。たしかにこれは美味い。お腹が減ってたから「大」を頼んだのけどあっという間に食べきってしまった。15時近くなのにお客が全然途切れないのも納得した。

 食後におっぱアイスを食べてからふたたびクルマに乗り込み、次の目的地に向かいます!以下、次号!

ad

関連記事

no image

冬の夜空

今日は星がキレイでした。オリオン座を撮ってたら一つだけ流れ星が通り過ぎましたよ。しし座の残りでし

記事を読む

完璧な夕陽

日本海に沈む。これだけ完璧なの見たの初めてかもしれない。

記事を読む

no image

電話機、壊れました。

 引っ越しの後、とりあえず固定電話機を新しく買った。  Panasonic製の本当に最小限の機能しか

記事を読む

no image

どうしたものか

 したたか酔っぱらって家に帰ってきて、口から溢れかえっていた郵便受けを明けると、見慣れないものが入っ

記事を読む

no image

VIBES Meeting in TOUHOKU に行ってきたよ 後編 #vmtouhoku

 さて後編。 10月の東北は日が沈むのも早くて 5時過ぎには薪を用意して焚き火の準備開始。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑