*

第55回逗子海岸花火大会

公開日: : 最終更新日:2014/09/20 旅行・地域

 2012年6月2日(土)、第55回逗子海岸花火大会が開催されました。去年は震災の影響もあって、いち早く中止を決定した逗子花火大会なのですが、今年はいち早く開催することになったようです。

 6月初旬ということもあって逗子海岸はまだ海の家が建っておらず、花火を鑑賞する砂浜が広々と使えてとても快適。反面、飲み物や食べ物を買う場所が会場周辺にほとんどなくて、会場に着いたもののどうしたものかと呆然としてる人を何人か見かけました。逗子は海の近くにコンビニも無いしね。あとこの時期に開催される花火大会ってどんな格好をしてきていいのかよくわからず、真夏のときのように薄手の浴衣や甚平を着てきてる人がいてとても寒そうでした。真夏と違って湿度低いから夜は厚着しないと厳しいですよ、さすがに。

 19時45分、海の上に大きな花火がうち上がりはじめます。去年はほとんどの花火大会が行われなかったこともあって本当に久々な気がしますね。

R0011483

R0011487

R0011488

R0011490

 逗子花火大会の一番の魅力はその極端に偏った演出にあると思っています。45分間に7500発打上るという大会に置いて、残り15分のフィナーレに6000発が集中するという極端ぶり。というか、もう最初から最後までフィナーレでいいんじゃないか、って気もしますけど。ちなみにフィナーレは逗子にゆかりが深いコロワイドさんの一社提供です。いつもお世話になっております。

 ということで、その極端に偏ったぶんだけ極端に豪勢なフィナーレは動画でどうぞ。

去年はほんといろんなことがあったから落ち着かない日々が続いていたけど、ひさしぶりに大きな花火を見てやっと日常に戻ってきた気もします。こういう平和な日々がこれからも続きますように。それにしても落ち着いた場所でビール片手に花火を見上げるって最高の贅沢ですよね。今年はたくさん花火大会を見に行こうと思います。

ad

関連記事

突発的に那須へ旅行に行ってきた

3月中旬にバタバタといろんなことがあった。なので4月に入って少し落ち着いところで家族旅行に行こうと思

記事を読む

灼熱と狂乱の奄美皆既日食日記6.5 – 7月23日(木) 金作原原生林トレッキング

カヌーを終えて名護で昼食。この時もいろいろ面白いことがあったんけど、それは最後のまとめで改めて。腹を

記事を読む

no image

台北旅行記 その1(1日目前半)

2月1日から3泊4日で台湾に行ってきました。 ここしばらくは「まだ行ったことの無い日本を回ろう」と

記事を読む

那珂湊おさかな市場

そういえば国営ひたち海浜公園に行った帰りに、那珂湊おさかな市場に寄ってきました。 地元

記事を読む

成就院のあじさい~鎌倉散歩

日曜日、ホームから人がこぼれ落ちそうなくらい混雑した江の電の鎌倉駅から3駅、極楽寺で降りてアジサイで

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑