*

北海道旅行 2011月7月20日 1/4

公開日: : 最終更新日:2014/09/20 旅行・地域

猛暑の関東を脱出して、北海道へ3泊4日の旅行に行ってきました。まあ出発当日は巨大台風接近ということでいろいろと緊迫はしてたのですが無事にテイクオフ。

今回の旅はレンタカーでただひたすらに移動して、合間に宿泊したり・観光したりというプラン。だいたいのルートはこんな感じ。


より大きな地図で 北海道旅行 を表示

まずは初日。7月20日の14時に新千歳着。日産レンタカーでCUBEを借りてこの日の宿泊地となる小樽へ。たまたま休憩に立ち寄った輪厚PAで、どこぞの北海道ツアーガイドの方に、僕らのこの旅で立ち寄るであろう先の”美味しいお店”情報をご教示いただくという嬉しいハプニングもあり。感謝感謝。

16時過ぎに小樽着。まずは重い荷物を降ろすべくホテルにチェックイン。

小樽運河

小樽運河の周りをブラブラしつつ、そのツアーガイドさんに教えてもらった「なると」へ。

Img_3747

普通、観光客が小樽というと”美味い寿司”というイメージだと思うのだけど、実際は時代は若鶏なわけですよ、小樽的には。若鶏時代。

寿司(なると)

ザンギ(なると)

なので、観光客らしく寿司をオーダーしつつも、サイドオーダーにはザンギ。そしてお店の看板メニューに相応しく鶏が美味い。次回来るときは寿司はスルーして、鶏の半身にチャレンジしたい。

Img_3761

夜景バス

お腹を満たしたら、小樽駅前から趣のあるバスにのってロープウェイ乗り場まで。そこから天狗山山頂へ向かいます。

Img_3786

まあ天狗山ってことで天狗グッズも。夜なんでそこはほどほどにして

小樽夜景

小樽夜景

北海道三大夜景の1つである小樽の夜景を堪能。キレイではあったけど、手前の学校の照明が明る過ぎて写真を取るのにバランス難しかった。

小樽夜景

帰りのロープウェイのゴンドラの中から。好きな写真の一つ。

小樽は坂の街、ということで帰りのバスは小樽運河までずっと急な下りが続く。そして、バスの構造の問題なのか、はたまた路面が良くないのか、遊園地のアトラクションかよ、というくらい激しく揺れる。面白かったけど。

小樽運河

小樽運河

小樽運河

そしてライトアップされた小樽運河へ。昼間はそれほどでもなかったと思うんだけど、夜は運河の水面が穏やかで、レンガ作りの倉庫が鏡面のように映り込む。夏休み突入直後の平日ってこともあり人も少なく落ち着いて写真撮影することができて満足です。

ただ思ったより小樽運河ってエリア狭いんですね。もっと広いと思っていたので、撮影ポイントがあんまりなくてちょっと残念。あとレンガ倉庫の内部が観光客向けの飲食店になっているのはまあ良いとして、運河沿いに「札幌ラーメン」みたいなノボリを出すのはやめた方がいいのになぁ、というのが感想です。

Img_3716

運河沿いにこんなノボリを見かけたのでちょっと書きますが、小樽も歴史があって良い街なのに、歴史ある建造物に前に安っぽい看板やノボリが立っていたり、路上駐車の車が大量に止められていたりして、残念なところかいくつかありました。せっかく写真撮ろうと思ってもそういうので台無しになっちゃうんですよね。観光客呼ぶのに巨大観光施設とか作る必要はなくて、そういった景観の整備を地道にやっていくことが大切なんじゃないかな、と思ったりしました。

まあそんなこんなでとりあえず北海道旅行は1日目が終了です。

ad

関連記事

金時山ハイク

悪天候とかなんとか、いろいろなことがあってのびのびになっていた金時山ハイクを11/22に行ってきまし

記事を読む

旅の終わりと日常の始まり

 8泊9日の奄美皆既日食ツアー、無事終了しました。 ネットはもちろん、テレビ、新聞もなく、ケー

記事を読む

大磯城山公園 紅葉ライトアップ

神奈川県大磯にある城山公園。「旧三井財閥別邸跡と旧吉田茂邸を利用した日本情緒あふれる公園」で、この時

記事を読む

宮島〜厳島神社めぐり3

さて、焼き牡蠣で小腹も膨れたところで、先に進みます。厳島神社は目の前ですが、ここは夕方にノンビリみた

記事を読む

諏訪大社巡り(1) 上社本宮

諏訪はツーリングでもいつも「通り過ぎる」ばかりの場所だった。たまに中央道の諏訪湖SAから諏訪湖を見お

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑