*

今更ながらヘルメットの重要さを認識することで…

公開日: : バイク

 別に「事故った」、というわけでなく。

 バイクに乗りはじめて17年を過ぎたわけですが、個人としてはクルーザーモデルかトレイル系しか所有してこなかったこともあり、また峠を攻めたり最高速を競ったりサーキットに行ったりしていたわけでもそこに興味もなかったので、ツーリングと街乗り用としてファッション優先でジェットタイプのヘルメットしか被ってこなかったんですよ。気になるところはあるけど、機能面で大きな不満があるわけでもなかったので、”まあこんなもんだろ”的に済ませていた感がなくもありません。

 そんなこんなですが、いろんなご縁で昨年人生初のフルフェイスを手に入れました。頭のサイズもしっかり計測した上で、ぴったり合うものを選んで頂いたものです。最新モデルなので機能的に優れてる、というのは当然なんですが、まあでも凄いんですよ、当たり前のところがね。

Img_2266

 まずジェットにありがちな、風を巻き込んでヘルメットごと頭を後ろに持って行かれる、ということがないわけです。安定感が段違いだし、首の負担が全然ありません。そして静穏性、ボグオオォォーーーという走行時の風の音がほとんど聞こえないんですよ。それを面白くない、と感じる人もいるかもしれませんが、無ければないでいいことだと思うのです。密閉感が高いのでジェットに比べれば暑苦しいですが、今時のフルフェイスはベンチレーションがしっかりしてるので走行してる限りはヘルメット内に風が通り抜けて快適だし(もちろん渋滞とかでの停車時はサウナ状態ですが…)、驚くのはどんな状態でもシールドが曇らないんですよね、真冬でも。曇りを取るために停車時にシールド開けなくていいんですよ。すごい安心です。

 ちょっと褒め過ぎでなんですが、残念なのが1つだけあって、チークパッドがしっかりし過ぎなところ。僕はツーリングの最中に大声で歌ってることが多いんですが、パッドが頬をホールドしてしまうので歌えないんですよね…それがとてもストレスで…

 まあそれはそれとして、そんな快適フルフェイス生活に慣れると、なんかいろいろ変わってくるんですよね。一番は今までまったく関心の無かったスポーツバイクに興味が湧いてきたということ。スーパースポーツはライディングフォームがまだちょっと慣れないのですが、ネイキッドスポーツの楽しさに目覚めつつあります。ネイキッドはもっともスタンダードなスタイルのバイクなわけで、ある意味バイク本来の楽しさを再認識している状況です。あー、バイクってこういう乗り物だよね、っていう。

 ヘルメットの重要さを認識することで、バイクそのものの魅力を再認識する。そして最近はバイクでの走り方も変わってきたように思います。

 ということで、なかなか予算がありませんが、いまちょっとミドルクラスのネイキッドスポーツが欲しいところです。誰かください。

バ・イ・ク (講談社文庫)
柳家 小三治
講談社
売り上げランキング: 14698

ad

関連記事

no image

バチェラーツーリングin伊豆 後半

 前日の天気予報では一つもそんな予報じゃなかったのに…朝起きると雨だった。ただテレビを見ると西からゆ

記事を読む

no image

思えば遠くへきたモンド

明石大橋

記事を読む

VIBES MEETING 2013 その4 東日本大震災被災地をまわる2

前のエントリの続き。繰り返しになるけど地図ではこの辺。 より大きな地図で VIBES ME

記事を読む

no image

うどん

あさごはん

記事を読む

南紀白浜・熊野・伊勢ツーリング(3日目・熊野古道トレッキングの巻)

3日目。予定より遅れて7時起床。晴れ。 コーヒーを湧かして朝ご飯。キャンプ場のおばちゃんがそん

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑