*

2月に読んだ本

公開日: : 書籍・雑誌

2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1511ページ

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
人生最悪の本。だけど最後まで読まさせられてしまった。まるでデヴィッドが罪悪感にかられながら目が離せなかったように。ひどい目にあっているメグに、いらだちを覚えるように。エディは別として、ルースもドニーもデヴィッドとの差は極めてわずかなんだろうな、と思う。そのわずかな差の狭間で葛藤するデヴィッドの描写が秀逸だった。ページをめくるたびに高まる不快感はある意味すごい。残念ながら僕はジャック・ケッチャムの狂気に飲み込まれてしまったようだ。ウイリー・ジュニアやドニー、ウーファーのように。
読了日:02月26日 著者:ジャック ケッチャム

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
純粋に面白かった。畳み掛ける展開にどんどん読み進んでしまうと同時に残り少なくなってくるページ数が切なくなってくる。主人公のクセのある言い回しが魅力的で憧れ。巻末の村上春樹の解説も面白く、また時間をおいて読み直してみたくなる。
読了日:02月19日 著者:レイモンド・チャンドラー

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
一気に読んでしまったので面白いのは間違いないが、なんとなく違和感があるのもまた事実。それはオッサンとしての僕の「ゼロ世代」と言われるものへの距離感なのだろうか。とはいえ、豊富な知識に裏付けされた見事な世界観と、バランス感は見事。別な作品も読んでみよう。
読了日:02月05日 著者:伊藤 計劃

読書メーター

ad

関連記事

no image

巡り合わせ

 なんとなく今、昔の書籍を読むモードに入ってます。読み返すのではなく。今読んでいるのは『不確実性の時

記事を読む

no image

『 桃 』

久世光彦の『 桃 』、読了しました。 桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にし

記事を読む

no image

NIKITAが休刊

全然透けて欲しくないのに 「モテるオヤジはちょい透けシャツ」 とかのキャッチフレーズで世の枯れ始めた

記事を読む

no image

国境の南、太陽の西

読了しました。 村上春樹を読んだのはノンフィクション『 アンダーグラウンド 』から2作目。 正直バブ

記事を読む

no image

最近読んだ本

今年は読んだ本を淡々とblogで紹介していこうと思って頑張って続けてきたけど、残り3ヶ月を切ったとこ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑