*

2月に読んだ本

公開日: : 書籍・雑誌

2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1511ページ

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
人生最悪の本。だけど最後まで読まさせられてしまった。まるでデヴィッドが罪悪感にかられながら目が離せなかったように。ひどい目にあっているメグに、いらだちを覚えるように。エディは別として、ルースもドニーもデヴィッドとの差は極めてわずかなんだろうな、と思う。そのわずかな差の狭間で葛藤するデヴィッドの描写が秀逸だった。ページをめくるたびに高まる不快感はある意味すごい。残念ながら僕はジャック・ケッチャムの狂気に飲み込まれてしまったようだ。ウイリー・ジュニアやドニー、ウーファーのように。
読了日:02月26日 著者:ジャック ケッチャム

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
純粋に面白かった。畳み掛ける展開にどんどん読み進んでしまうと同時に残り少なくなってくるページ数が切なくなってくる。主人公のクセのある言い回しが魅力的で憧れ。巻末の村上春樹の解説も面白く、また時間をおいて読み直してみたくなる。
読了日:02月19日 著者:レイモンド・チャンドラー

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
一気に読んでしまったので面白いのは間違いないが、なんとなく違和感があるのもまた事実。それはオッサンとしての僕の「ゼロ世代」と言われるものへの距離感なのだろうか。とはいえ、豊富な知識に裏付けされた見事な世界観と、バランス感は見事。別な作品も読んでみよう。
読了日:02月05日 著者:伊藤 計劃

読書メーター

ad

関連記事

no image

『幻影の書』

 ポール・オースターの『幻影の書』、読了しました。今年は本のレビューは書かず読んだ本のログだけ残そう

記事を読む

no image

国境の南、太陽の西

読了しました。 村上春樹を読んだのはノンフィクション『 アンダーグラウンド 』から2作目。 正直バブ

記事を読む

no image

シーナ・アイエンガー著『選択の科学』

読了後、なんとなく考えていたことを雑然と並べてみる。居酒屋のおっさんトークに近いので、書評とかレビュ

記事を読む

no image

ヒューマン失格

http://lou5.jp/?url=http%3A%2F%2Fwww.aozora.gr.jp%

記事を読む

no image

『頼むから静かにしてくれ II』

 『グレート・ギャツビー』を買う時に村上春樹訳つながり、ということで一緒に買った。理由は自分自身が「

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑