*

今回の選挙で思ったこと。

公開日: : 経済・政治・国際

去年の衆院選のときに書いたエントリで紹介した記事を改めて。

こういう事態になっても尚、自分たちには選択肢が本当にあるのかどうか、有権者は確信できずにいる。世論調査を見ても、個々の日本人に話を聞いてみても、
日本の有権者は民主党の政策に心から同調して投票したというよりも、自民党に対して反乱を起こしたのだ。しかしそれでも日本人は、自分たちが本当の意味で
主権を行使した、あるいは影響力を発揮したのかどうか、確信できずにいる。その証拠に30日の夜、こんなことがあった。あるイタリアのテレビ・プロデュー
サーが「民主主義の歴史的勝利をあちこちで祝っている日本人の画像をとってこい」と、カメラマンを外に送り出したのだが、そんな光景はどこにもなかったの
だという。「何も録画できなかったんだ」とこのプロデューサーは嘆いていた。(ファイナンシャル・タイムズ『日本にとって素晴らしい日』2009/09/01)

このプロデューサーの嘆きの答えはこれ

歴史的事件のはずなのに、熱狂はない。希望も高まらない。なぜか。民主圧勝の主因が有権者の自民党に対する“懲罰的投票行動”だからだと、小林慶大教授は独自データから分析する。〜 総選挙直前に慶応大学が全国で行った電話調査を分析すると、今回の民主圧勝は、有権者の自民党に対する懲罰的投票行動が原因だ。(ダイヤモンドオンライン『「ダメもと政権交代」実現 自民を懲罰、民主に格別の期待なし 小林良彰・慶応大学教授に聞く総選挙分析』2009/09/02)

そして今回もまた、民主党への懲罰的な投票が多く出たように思う。

もちろんそうさせてしまうようなグダグダが民主党にあったのは確か。衆院選での稚拙なマニフェストなんてそもそもだれも信用していなかったのに、大量得票を自身の評価と勘違いしてしまった民主党はそのマニフェストを忠実に実行しようとしてかえって政治が混乱、迷走を繰り返す。管さんの消費税10%なんてダメ押しにすぎないと思う。

結果、自民勝利。まあ効率よく選挙を戦ったというのもあるようだけど。でもほんとそれで良いの?と思う。1年前ってみんな何を考えて民主に入れたんだろう?その前の自民のグダグダももう忘れてしまったのだろうか?

もちろん投票権は僕らの権利でどう行使しようと構わない。ただ、単に気に入らない奴らを罰するため、権力持つ人間を凹ませて溜飲を下げる思いをしたいだけに行使していたら、結局のところ誰も長期的な視点で物事を語ることができなくなり、場当たり的な、その時に口当たり良いこというだけの選挙ばかりになってしまうように思う。
自分をとりまく情勢もめまぐるしく変わる世の中でしっかりした政治信条を持つことは難しいとは思うのだけど、どうかもう一度、僕らがもつ選挙権の意味を考えて欲しいと思う。

それと今回も難しい選挙だったけど、投票を棄権したり白紙で投票したという話しがあちこちで散見されたそう。それを受けてまた河野太郎がいいこと書いてたので紹介。

民主主義には権利と義務がつきまとう。権利は選挙権であり、被選挙権だ。そして、義務も全く同様に選挙権であり、被選挙権だ。

手を挙げようとしている人間がろくでもないというならば、彼らに×をつけて非難するのではなく、自分が手を挙げる。それが民主主義だ。自分が手を挙げる覚悟も勇気もなくて、手を挙げた人間の悪口を言って事が済むほど世の中は甘くない。

手を挙げた人間がろくでもないならば、自分が手を挙げる。自分が手を挙げる覚悟と勇気がないならば、それを持って手を挙げた人間の中からベストを選ぶ。それが民主主義だ。

選挙権を持った国民、被選挙権を持った国民それぞれがフィールドに立っているプレイヤーだ。自分はPKを蹴らないけれど、外した奴の批判はする、では通らない。あいつはPK外しそうだというならば、自分が蹴ろうとするべきだ。(河野太郎ブログごまめの歯ぎしり 『民主主義の権利と義務』2010/07/12)

自民党も決して好きではないけど、彼の意見には同意する。選挙権の行使は誰かを叩き落とすためものではない。当事者意識をもって権利を行使し、その結果からうける義務をはたさなければならない。

まあとはいえ、大きな組織に所属していれば一生安泰といった世界が崩壊し組織票というのもだいぶ空洞化して、票読みが難しくなったというのは自民も民主も今回の選挙でそうとう骨身にしみたと思う。是非明確な政治理念とビジョンをもって真摯に政治に取り組んで欲しい。選挙はもう2〜3回の混乱はおきそうだけど、それを乗り越えて始めて日本の民主主義が見えてくるんじゃないかと思っています。

民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書)
佐々木 毅
筑摩書房
売り上げランキング: 17183
おすすめ度の平均: 5.0

5 わかった気でいたけれど・・・
5 民主主義が不思議、という不思議なタイトル
5 失われた世代の政治学
4 民主主義を維持してゆくのにはかなりの努力が必要だ
5 わかりやすい

ad

関連記事

no image

参院選についてとか

大方の予想通り与党が惨敗した。公明はいいとばっちりだろうけど、あれだけ現職閣僚が不祥事起こしたり自殺

記事を読む

no image

今回の選挙で思ったことと、その答え

「日本にとって素晴らしい日」(フィナンシャル・タイムズ) その証拠に30日の夜、こんなことがあった

記事を読む

no image

Yahoo!みんなの政治のマニフェストマッチが面白かった。

 「今後の日本がどうなるか」というところで重要になるであろう今回の選挙。今日公示され、どうしようもな

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑