*

最近見た映画(DVDで)

公開日: : 最終更新日:2014/09/20 映画・テレビ

最近なかなか劇場に足を運ぶ時間がとれずもっぱらレンタルなんですが、自宅だとどうも映画に集中できず、とりあえず3本ほど見ました。

陰鬱な『かいじゅうたちのいるところ

Wtwta
(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc.

比較的好きなスパイク・ジョーンズの手による実写化、原作者が本作に高い評価をつけてる映像も見て期待は高まったのだけど、Wikipediaには「テスト試写での子供たちの反応が芳しくなかったため…2009年10月への公開の延期を発表し、追加撮影と編集作業を経て映画は完成に至る。」と書かれて一抹の不安も。結局後者の不安が見事に的中してしまった。

かいじゅうたちはモフモフした質感で可愛らしいのだけど、表情も動きも基本的に陰鬱で声のトーンや話す内容もダウナー系。この島の世界感はまったく語られておらず、主人公とかいじゅうたちの楽しいやりとりもほんの一瞬で、後は痛々しいシーンの連続。とても最後まで心穏やかに見てられない。

結局監督はどういう話を描きたかったのかが分からずじまい。後で原作でも読んでみるか。

暇をもてあました神々の殺人ピラゴラ装置『ファイナル・デッドサーキット

The_final_destination_main
TM & (C) MMIX NEW LINE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

くだらな過ぎて人気がある”ファイナル”シリーズ。

大惨事に遭遇し本当だったら死んでいたのに、「何かしら」の力によってその危機から脱するに至った登場人物たちが、その「何かしら」の戯れで次々と惨殺されていく、というプロットはシリーズ通して変わらず。誰がどうやって殺されていくのか、というのだけに観客の興味が集中する『SAW』シリーズと同じ悪趣味系ホラー。

まあこれ以上のひとひねりがないならもういいかな、という感じ。

ヘヴィーメタルという生き方『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち

4039225482_8579721960
(C) Ross Halfin / ANVIL! THE STORY OF ANVIL (C) Brent J. Craig / ANVIL! THE STORY OF ANVIL

映画『レスラー』のランディを思いださずにはいられない。80年代に一世を風靡しながらも浮き上がるタイミングを失し、今は過去の一瞬の栄光に支えられながら日常に没している。浮き上がる為に努力はするも全ては空回り、必死になればなるほど喜劇的になっていく。

それでもアンヴィルのリップスがランディよりも恵まれているのはロブというかけがえの無い仲間がいること、そしてランディよりもリップスとロブが恵まれているのは家族が彼らの活動に理解を示してくれていることだ。それは本当に替え替えのないことなのがよくわかる。

彼らを見てると「ヘヴィーメタル」が音楽の1ジャンルではなく、そういう生き方なのだ、という気がしてくる。どうかこのまま自分の生き方を貫いて欲しい。

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]
SMJ(SME)(D) (2010-04-14)
売り上げランキング: 966
おすすめ度の平均: 5.0

5 すげーよかった。
5 おー
5 人生ってすばらしい!その一言!
1 なぜ売れなかったか?そりゃ、才能がないからだよ(笑)
5 夢追人

ad

関連記事

no image

グラインドハウス

「逃げるんじゃないよ! 後ろからグイグイねじ込んであげるからね!」ということで、久々のタランティー

記事を読む

no image

『 ノーカントリー 』

コーエン兄弟の久々の作品、というのもあって早速見てきましたよ、『 ノーカントリー 』。 見終わ

記事を読む

no image

『 イントゥ・ザ・ワイルド 』

 俳優として数々の賞を獲得し、監督業でもハリウッドの中で異色の作品を輩出し、それがどれもまた高い評

記事を読む

no image

『 ヘアスプレー 』

ぼやぼやしてるウチにロードショーが終わってしまい、今週末にやっとレンタル開始になった『 ヘアスプレー

記事を読む

no image

今年見た映画3本

今年見た3本の映画、どれも微妙だったのでレビューしてなかった。 『ハート・ロッカー』 (

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑