*

『高慢と偏見とゾンビ』 #pp_zombie

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 書籍・雑誌

あの奥ゆかしくも美しい歴史的恋愛小説『高慢と偏見』を、ゾンビが跋扈する血塗られた英国を舞台に再構築したマッシュアップ小説。

って言ってもなんだかさっぱりわからんと思うのだけど、読んでみると良くも悪くもまったくもって文字の通りの内容で、大量のゾンビが英国中をうろうろしてる中、原作通りにジェインとビングリー、エリザベスとダーシーの、ちっとも先に進まない恋愛劇が当然のように繰り広げられていて、原作と違うのはジェイン、エリザベスらベネット5姉妹は中国で少林寺を会得してきたクンフーマスターになっていてたり、キャスリン・ド・バーグ夫人が数多くの武功を誇り忍者を抱えて暮らす権力者になっていたりで、退屈な恋愛色はだいぶ薄められ、加味されたバイオレンスさとバカバカしさはジョン・ウォーターズの映画のよう(まあつまりは僕の大好物方面だということですが)。カンフーとゾンビが関係するウォーターズ映画って『セシル・B・ザ・シネマウォーズ』だっけ?

素晴らしいのはテンポの良さ。まわりくどい展開に原作を途中で挫折した人でも、こっちはそれが無いので充分楽しめる内容になってます。もちろん最初に原作を読んだ方がそのギャップを楽しめて良いとは思いますが。ついでに映画『プライドと偏見』も先に見ておくと、あの美しいキーラ・ナイトレイがゾンビ相手に少林寺拳法を繰り出してるビジュアルが再生されて、かなり面白いです。

そんなこんなであっという間に読了。なんかナタリー・ポートマンで映画化って話しもあるようですし、楽しみに待ちたいと思いますよ。

 

高慢と偏見とゾンビ(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
ジェイン・オースティン セス・グレアム=スミス
二見書房
売り上げランキング: 66758
おすすめ度の平均: 4.5

5 前々世紀に出版された古典名作“高慢と偏見(Pride and Prejudice)”にゾンビを融合させたパロディです。爆笑必須で幅広い年代にお薦めできると思います。
4 予習が大前提
5 HIP HOPでゾンビと踊れ

ad

関連記事

no image

『御馳走帖』

川上弘美のエッセイとかを読んでるとよく出てくる内田百閒。やっと読む機会がまわってきました。初回は「御

記事を読む

no image

ダウン・ツ・ヘヴン

3作目。ストーリー的には『ナ・バ・テア』の続き。2日で読了しちゃったのが良いのか悪いのか・・・

記事を読む

no image

『別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判』

 いつもだったらこの手のノンフィクションは読まないんですよ。この事件がかなり特異だということはニュー

記事を読む

no image

『パプリカ』

『パーフェクトブルー』『千年女優』『妄想代理人』、虚実入り混じった作品が多い今敏監督による映画『パプ

記事を読む

no image

『ノルウェイの森』

20年近く避けてきた『ノルウェイの森』、読了しました。感想は「ブームになっていた20年前に読んでれば

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑