*

伊香保温泉〜軽井沢ツーリング

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 旅行・地域 , , , , , , , , , ,

最近まったくバイクに乗ってないなぁ、と思い、群馬方面を走ってきましたよ。雨にも降られず快適な1泊2日でした。

DSC_9052
朝の環八、関越のウンザリする渋滞を抜けて渋川伊香保ICを降り、11時に大岩フラワーガーデンに到着。ジリジリと肌を焼く暑さの下、ヒマワリ畑を歩く。シーズン的には丁度狭間のようで、今の品種は丁度終わり際。みんな重たく頭を下げちゃってます。次の品種(?)は9月下旬が見頃なんだとか。ヒマワリって夏の花ってイメージがあったけどそうでもないんだね。

DSC_9055
それでもまだ元気に咲いてるのも多く、「一面のひまわり」ちょっとだけ堪能できました。後ろの山も見事な景観です。群馬・軽井沢あたりの山はどれも形が凄いね。

DSC_9061
顔が書いてあるコもいました。スマイルマークっぽいけど、ちょっとハゲ気味。

DSC_9068
次回はちゃんと時期を合わせて満開のヒマワリを見に来ますよ。

DSC_9081
それにしてもこの日は暑かった。園内にはヤギとか馬とかの動物もいるんだけど、ネコはもう暑さにグッタリ気味。まあそういうのがネコの可愛さなんだけどね。

伊香保方面に戻り、昼食は折角なので水澤うどんを食べに行く。田丸屋で美味しいうどんを頂いたらまだちょっと時間があるので榛名湖まで足を延ばす。1時間ほど湖岸をぶらぶらと。キレイな夕陽を、と思ったけど天気が今ひとつだったので写真はなし。

17時に旅館にチェックイン。今回の宿は塚越屋七兵衛さん。まずは汗を流すために黄金の湯へ。1時間ほど温泉を堪能、いや良い湯でした。

Pa0_0004
18時半から夕ご飯。どれも美味しくボリュームもたっぷり瓶ビールをグラスに注いでチビチビと舐めながらしっかり完食させて頂きました。御馳走さまでした!

お酒控えめにしたのはこの後、伊香保温泉名物の石階段に行く為。旅館に頼めば坂が急な石階段のいい具合のあたりまで送ってくれる、ということなので早速お願い。浴衣姿で夜の伊香保に繰り出しました。途中の道は人影もなくちょっと心配でしたが、石階段あたりは夜なのに結構な賑わい。

IKAHO ONSEN
まずは石階段の上、伊香保神社に参拝。いろいろとよろしくお願いします(笑)

IKAHO ONSEN
石階段の両脇にならぶ旅館、お店の看板がどれもいい味わいです。

IKAHO ONSEN
店先の提灯と看板の蛍光灯、昭和なマンションっぽいつくりの建物。どことなくノスタルジックな世界が広がってます。

IKAHO ONSEN
そして夜9時近いのですが、お店が結構やってます。よくある温泉街の夜の街ではなく、駄菓子屋や酒屋(石階段を登ってきて飲むビールは美味しい!)、射的屋などからちょっと小洒落たバーまで。そして、これは僕らが泊まっているホテルのロビーでも思ったことなのだけど、ここ伊香保の石階段にいる人たち、若者がすごい多いです。これは意外でした。丁度僕くらいの世代がこういった昭和ノスタルジー的なものを”懐かしい”と思う最後の世代だと思うのだけど、若い人たちも『三丁目の夕日』や『千と千尋の神隠し』などでスクリーンを通して見聞きする機会が増えて、それを”面白い”と思うようになってきてるのかなぁ。

IKAHO ONSEN
そんなことで射的屋は小さな子供からそのお父さん・お母さん、若いカップルでにぎわってましたよ。

IKAHO ONSEN
あとはノンビリと歩いて帰る。涼しくて気持ちよかったです。

ちょっと身体が冷えたので改めて温泉につかり、部屋に戻って飲み直し。バイクの疲れもあって天辺を越えるあたりで布団に潜り込みました。おやすみなさい。

DSC_9123
翌日、明るい時間にもう一度石階段へ。

DSC_9125
暗い時は気がつかなかったけど、階段に与謝野晶子の詩が刻まれてました。ここはよくガイドブックに載ってるところなのだそうです。

さてたっぷりと堪能したところで伊香保を後にし、特に目的もないけど軽井沢に行く事に。天気もよく快適なツーリング。途中、通った県道54号線が本当に気持ちの良い快走路で、こういうとき「バイクに乗っててよかったなぁ」と本当に思う。

DSC_9133
二度上峠から見る浅間山。晴れ渡る空、心地よい風が吹く晩夏の上州。来て良かった!

が、ここから軽井沢に入ると途端に猛烈な渋滞に・・・盛り上がった気持ちが一気に萎えていきます。軽井沢で昼ご飯を、と思ったけど諦めて南軽井沢に向かい、煙事の軽井沢のお店へ。

Pa0_0002
お値段はちょっと張りますが、中途半端な観光地料理を食べるくらいならこれくらい贅沢する方がいい。ということで、少し遅めの昼食をゆっくりと頂きます。ここも美味しかった。

15時半に出発。上信越道はほどほどの流れ。しかし藤岡JCT手前から関越合流までが渋滞、さらに関越に入ってから25kmの渋滞、さらにそこから断続的な渋滞が練馬まで続くと言う地獄絵図が待ってました。うんざりして鶴ヶ島JCTから圏央道へ、中央道に入り相模湖東、そこから国道412号という遠回りルートをチョイス。止まった最短距離より、流れてる道、ということで、でもこれが大正解。予定よりも2時間以上も早く地元着。お疲れさまでした。

約500km。少し日焼けもしたけど、バイクの楽しさ充分堪能できたツーリングでしたよ。ほんともっとたくさん乗りたいね。

ad

関連記事

日食きた!

記事を読む

灼熱と狂乱の奄美皆既日食日記5 – 7月22日(水) 皆既日食

お待たせしました。皆既日食です。 予めお伝えしておくと、奄美では天候がいまひとつではっきりと皆

記事を読む

山梨・竜が岳雪山ハイク

もう1ヶ月以上前の話になるが、2014年12月の御坂山地縦走に続いて冬山に行ってきた。今回は富士五湖

記事を読む

南紀白浜・熊野・伊勢ツーリング(3日目・熊野古道トレッキングの巻)

3日目。予定より遅れて7時起床。晴れ。 コーヒーを湧かして朝ご飯。キャンプ場のおばちゃんがそん

記事を読む

no image

沖縄旅行 その8 2012/07/05 ハート岩〜本島ドライブ

 終わらない沖縄旅行記、あと2〜3回です。お付き合いありがとうございます…  大橋を渡った先の古宇利

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑