*

超サイコー! 中房温泉!

公開日: : 最終更新日:2015/04/11 旅行・地域 , , , , ,

仕事の兼ね合いで穂高方面に行っていたのですが、一段落したところで少し足を伸ばして秘湯として知られる中房温泉に行ってきました。

中房温泉 – Wikipedia

位置はこの辺。

大きな地図で見る

雨こそ降らなかったのでいいのですが、ただでさえ細い道なのにしかも濃い霧、そして・・・

Sany0136
ここしばらく天候が荒れていたこともあって大量の木の枝が路上に散乱。しかも結構な大物もちらほらと・・・

Sany0135
そして山肌を流れ落ちる水が溢れ出て一部が川と化している道・・・

これ以外にもやたら見かける「落石注意」の看板やらなにやらかなりワイルドな道のりでした。細心の注意を払いながら30分ほどかけて標高1500mまであがり念願の中房温泉日帰り湯に到着。

Sany0140
営業終了1時間前ということもあってか客がほとんどおらず貸し切り状態に。

Sany0145
男湯と書かれた左側の扉を抜けて中へ。緑濃い山々に囲まれ、霧が立ちこめるものの青空も垣間見える空の下、一人でのんびりとつかる。
そして湯船が2つあってそれぞれに入ってみたのだけど、温度の違いで分けてあるのかとおもったけどそうじゃない、2つとも無色透明で臭いもそれほどないのだけど全然ちがう!小さい湯船のお湯の方がお肌スベスベ感がかつて体験したことがないほど気持ち良い!ということで時間一杯まで堪能しましたよ。

帰りしな、スタッフの人に聞いたところこんなことらしい。

  • ここのお湯は3つの源泉からお湯を引いている。
  • 古事記の湯は左右両方に引いていて、妙見の湯は左側だけ、薬師の湯1号は右側だけに引いている。
  • 今日は左側に男湯、右側に女湯の札がかかっているが、これは毎日入れ替えている。
  • 左側に引いてある妙見の湯の湯質が一番ぬめりが強い
  • 右側の方が眺めがいいかも。

僕が「今までにないスベスベ感」と思ったのは妙見の湯のものだったよう。それにしてもわずかな源泉の位置の違いでこんなに違うものかと驚くとともに、苦労してきた甲斐があった!という喜びもひとしお。道のり険しいので「また来ます!」ともいいづらいのだけど、本当に「来て良かった!」と思いました。ありがとう、今まで入った中で最高の温泉でしたよ!

みなさまも近場に来る機会があれば、是非訪れてみてください。オススメですよ!

 

ad

関連記事

宮島〜厳島神社めぐり7

さて、この旅きっての趣ある鳥居をくぐると そこには懺悔地蔵。 貪りの心、怒りの心、愚

記事を読む

子連れで沖縄旅行というミッション

1月末から2月初旬にかけて、5年ぶりに沖縄に行ってきた。ただ今回は前回ほど観光する気はなく、1番のミ

記事を読む

サンフランシスコ出張 カストロ地区

そういえばサンフランシスコ出張の時にカストロ地区にも行ったのでそのメモとして。 本来であれば、

記事を読む

no image

台北旅行記 その6(3日目後半) 淡水

3日目後半、夕陽がキレイで”台湾のベニス”の異名を持つ淡水へ。まあ雨模様なんだけど。もしかすると雲が

記事を読む

17th VIBES MEETING in 柏崎 2009 10月11日(日)

VIBES、2日目。前日以上になにもしておりません。まあ何もしないために来たようなものですからね。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑