*

STUDIO VOICE休刊

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 書籍・雑誌

2ヶ月前に、10年以上に渡って買い続けてきたSTUDIO VOICEも創刊400号になったタイミングで卒業します、みたいな事を書いたんですが、なんと8月号をもって休刊になるとの事。あれま。

日本を代表するカルチャー雑誌『STUDIO VOICE』が8月発売号で休刊

同誌は1977年に創刊して以来、日本のカルチャー界を独自の視点で体系化し、紹介し続けてきた。『STUDIO
VOICE』をきっかけに、音楽、映画、演劇など、自分の趣向や造詣を深めてきた人々も多いことだろう。「日本カルチャーを代表する雑誌」と言って、まず
否定する人はいないのではないだろうか。

そう、あらゆるジャンルが紙面で表とか分布図とかでキレイにまとめられていて、いろいろ勉強させてもらってきましたよ、終わるのはそれはそれで残念だなぁ。折角なので最後まで揃える事にします。それにしてもお疲れさまでした。雑誌の時代は終わりですかねぇ。

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2009年 07月号 [雑誌]
INFASパブリケーションズ
おすすめ度の平均: 4.5

5 夢野久作の詩を朗読
4 相対性理論

ad

関連記事

no image

さようならしようかな、STUDIO VOICE

 先月号で400号となったSTUDIO VOICE。400回も続く月刊誌って今この状況を別としても相

記事を読む

no image

『 中二階 』

ニコルソン・ベイカーの『 中二階 』、読了しました。 もの凄いミクロな話し。職場へ続くエスカレ

記事を読む

no image

巡り合わせ

 なんとなく今、昔の書籍を読むモードに入ってます。読み返すのではなく。今読んでいるのは『不確実性の時

記事を読む

no image

ヒューマン失格

http://lou5.jp/?url=http%3A%2F%2Fwww.aozora.gr.jp%

記事を読む

no image

『 桃 』

久世光彦の『 桃 』、読了しました。 桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にし

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑