*

STUDIO VOICE休刊

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 書籍・雑誌

2ヶ月前に、10年以上に渡って買い続けてきたSTUDIO VOICEも創刊400号になったタイミングで卒業します、みたいな事を書いたんですが、なんと8月号をもって休刊になるとの事。あれま。

日本を代表するカルチャー雑誌『STUDIO VOICE』が8月発売号で休刊

同誌は1977年に創刊して以来、日本のカルチャー界を独自の視点で体系化し、紹介し続けてきた。『STUDIO
VOICE』をきっかけに、音楽、映画、演劇など、自分の趣向や造詣を深めてきた人々も多いことだろう。「日本カルチャーを代表する雑誌」と言って、まず
否定する人はいないのではないだろうか。

そう、あらゆるジャンルが紙面で表とか分布図とかでキレイにまとめられていて、いろいろ勉強させてもらってきましたよ、終わるのはそれはそれで残念だなぁ。折角なので最後まで揃える事にします。それにしてもお疲れさまでした。雑誌の時代は終わりですかねぇ。

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2009年 07月号 [雑誌]
INFASパブリケーションズ
おすすめ度の平均: 4.5

5 夢野久作の詩を朗読
4 相対性理論

ad

関連記事

『 子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方 大全 』 ー 良かれと思ってやってることが何一つうまくいかずに育児に悩んでいるすべての親に

ここ1年くらい娘との関係に結構悩んでいた。子育てにおける父親のロールはこうあるべきとか、「自分の子に

記事を読む

no image

『 半島を出よ 』

 経済が弱体化し、外交的にも孤立した、2011年の日本(この本の刊行は2005年)という設定で繰り広

記事を読む

no image

『近代絵画』

 この本はずいぶん昔から僕の本棚にあった。いつからあるのかもうわからないが、それが「大好きな本だから

記事を読む

no image

『コインロッカー・ベイビーズ』

 『希望の国のエクソダス』に引き込まれ、そのエントリーについたコメントから読むことにした『コインロッ

記事を読む

no image

『御馳走帖』

川上弘美のエッセイとかを読んでるとよく出てくる内田百閒。やっと読む機会がまわってきました。初回は「御

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑