*

『幻影の書』

公開日: : 書籍・雑誌

 ポール・オースターの『幻影の書』、読了しました。今年は本のレビューは書かず読んだ本のログだけ残そうと思ったんですが、ちょっと感じるところもあり、blogに書いてみます。上手く書ける自信はまるでありませんが。

 徹底したリアルな描写であたかも実在したかのようなキャラクターたち、しかもそれらが歩む道のりの重さに、出だしから読み進むのが結構辛かった。主人公の状況もまた辛いし。でも中盤以降、主人公がその状況から距離を置くために見つけたこと、そこから繋がる展開が面白くて一気に最後まで読み進める事が出来た。
 そしてそこで描かれる精緻なストーリーの見事さ、主人公デヴィッド、ヘクター・マンとフリーダ、ブリジッド・オファロンとそのファミリー、ヘクターが演じた映画の登場人物たち、そして『マーティン・フロストのその内なる生』でのマーティン・フロストとクレア・マーティン、そしてアルマ。描かれるそれぞれの人生の対比と同調。

 そこに教訓も説諭もないけれど、自分に照らし合わせて考えるには充分な物語がありました。丁度いろいろと思い悩むところとシンクロしたのも、読む原動力になったかもしれません。うまくレビューすることができないのですが、少なくとも今この時期にこの作品に出会えたのは恩寵だと思っています。同じような状況の人にはいいきっかけになるかもしれないです。

幻影の書
幻影の書

posted with amazlet at 09.06.24
ポール・オースター
新潮社
売り上げランキング: 23319
おすすめ度の平均: 4.5

5 言葉というものが成しうる映像描写の極致
4 ポール・オースターの代表作
3 傑作ではあるけれど・・・
5 はて?人生とは?
4 ブルックリンの四つ角でプカリ浮かんだジタンの煙

ad

関連記事

【書評】『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』 〜 これからの福島を考える「種」

最初に僕自身の原発へのスタンスを書いておくと、「原則廃止、ただしすぐにすべて停止・廃炉は現実的ではな

記事を読む

no image

『広告コピーってこう書くんだ!読本』読書メモ

読了:2時間半 ■「なにかいいよね」をやめる 感じたことをあやふやな言葉で消化しない。 きちんと思っ

記事を読む

no image

最近読んだ本

今年は読んだ本を淡々とblogで紹介していこうと思って頑張って続けてきたけど、残り3ヶ月を切ったとこ

記事を読む

no image

『御馳走帖』

川上弘美のエッセイとかを読んでるとよく出てくる内田百閒。やっと読む機会がまわってきました。初回は「御

記事を読む

no image

『 富士日記 』

約一ヶ月かかりましたが武田百合子『 富士日記 』、上・中・下、読了しました。 昭和39年から途

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑