*

さようならしようかな、STUDIO VOICE

公開日: : 書籍・雑誌

 先月号で400号となったSTUDIO VOICE。400回も続く月刊誌って今この状況を別としても相当素晴らしいこと。

 オシャレっぽいことに憧れる東京下町に生まれ育ったモッサい僕が、通勤のために六本木駅を使うところから通い始めた青山ブックセンターで、初めて手に取ったのが1990年9月号。以来19年、定期購読してるわけじゃないけど毎月買って来た。いろんな意味で影響を受けてきたし、勉強させてもらってきた。あの当時は六本木WAVEとか、シネヴィヴァン六本木とか、いろいろ影響受けてきたなぁ。

 3年前の引っ越しにもわざわざ全号持ってきたり(実家に置いておくと問答無用で捨てられるので)してそれなりに愛着があったりしたのだけど、もうさすがに最近は習慣として買うだけ、買って帰りの電車で読むくらいになって来てしまった。特集がどう、ということでもなく、なんとなくもう読むパワーがないという漢字。

 なので丁度400号というのでキリも良さそうなので、毎月毎月買うのは卒業しようかな、と。100年に一度の不況で経費削減したい、とかでもなくて、なんかもういいかな、と。もちろん面白そうな特集のときは買うだろうけど(それも結構頻繁にありそう)今みたいに揃えることもないだろうし、たぶん次の引っ越しのタイミングで今あるバックナンバーは全部処分することになるだろうな、と。寂しいけど、まあこういうことはよくあることよね。きっと。

 ちょっとしばらく昔の読み返して、それでも手元に残しておきたい号は寄り分けで置こうかな、とか、というかそんな時間あんのかよ、とか、まあそんな感じで。

 お世話になりました。まだ気が替わる余地は残ってますが。

ad

関連記事

no image

『 ぼくは落ち着きがない 』

 久しぶりに長嶋有を読んだ。Amazonのレビューで「何が言いたいのかわからない」とか書かれたりして

記事を読む

no image

『 桃 』

久世光彦の『 桃 』、読了しました。 桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にし

記事を読む

no image

『りすん』

『群像』3月号から。第50回群像新人賞、第137回芥川賞をダブル受賞した諏訪哲史の、その『アサッテの

記事を読む

『 子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方 大全 』 ー 良かれと思ってやってることが何一つうまくいかずに育児に悩んでいるすべての親に

ここ1年くらい娘との関係に結構悩んでいた。子育てにおける父親のロールはこうあるべきとか、「自分の子に

記事を読む

no image

『彼のオートバイ、彼女の島』

 今のバイク乗りの平均年齢は約45歳なのだそう。バイクブーム全盛期に20歳代を過ごした人たちが、単に

記事を読む

ad

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑