*

バチェラーツーリングin伊豆 前半

公開日: : バイク・クルマ

 友人が結婚を機にバイクを手放すことになった。とても残念。でもまあいろいろ結婚するにもいろいろお金かかるからね。んで「手放す前に最後にひとつツーリングでも行きますかね」ということになり、この週末に独身男性3名で伊豆まで行ってきましたよ。

 土曜の朝7時半出発。吐く息が真っ白。猛烈に寒い。秦野から東名に乗って西に向かうが足柄のあたりで雨。天気予報では曇りのち晴れなんだけど・・・仕方ないのでSAで少し雨宿り。30分くらいコーヒー飲みながら時間を潰していると無事に雨もあがり再出発。10時前に集合場所の沼津到着。

Kc360078
 渋滞がひどい沼津の市街地を抜け伊豆を海沿いに反時計周りで進む。朝の憂鬱な空模様ががらりと替わって青空になり、富士山もチラリとだけ見える。いい天気だけど朝の天気の悪さと寒さからかバイクはほとんど走ってない。

 大瀬崎を過ぎたら半島を南下。昼過ぎに戸田へ到着。お昼ご飯は戸田の名物らしい深海魚を頂く。写真のグロいやつは「げぼう」とかいう魚。これ以外にも刺身や天ぷらでいろいろ深海魚が出てきたけど、どれも淡白で美味しい。ただ見た目はグロい。

 日も出てきてポカポカと暖かくなってきたので海沿いを離れ山の中の西伊豆スカイラインを走ることに。クルマもバイクも全然走ってなくて快適だったのだけど、いかんせん寒い。標高も500m登るだけで全然気温が違うのだね、ナメてました、すいません。仁科峠で後ろを振り返るも重い雲に覆われて富士山は見えず、寒さから逃げるように山を降りました。

Dsc_1759
 土肥で海沿いに戻り、黄金崎で休憩。海沿いを走っていても思ったのだけど、西伊豆の海はやっぱり綺麗。青く透明な海を見ていると寒さも忘れて飛び込みたくなる。コーヒーを飲みながらしばし散策。観光バスから降りてきたオッサンたちがヒドイ泥酔状態で辟易する、まだ15時なのに。でもそれら以外は黄金崎クリスタルパークも閑散としてる。河津桜とかあるので東伊豆はすごい混み方だろうけど。

 16時に宿にチェックイン。この日はサンセットリゾート。テラスはもちろん、部屋や風呂場からも沈む夕陽が堪能できるホテル。浜から見る岩場の間に沈む夕陽は綺麗ではあるが、浜がゴミだらけ(ペットボトルなり壊れたボートの残骸なり)なのには辟易。シーズンオフだからなのか、もうちょっとしっかりして欲しい。写真も手前は写さない方向で。

Dsc_1785_2
 日没前に温泉へ。このホテルには大浴場と、部屋についている内風呂のほかに貸切が出来る外風呂が4つある。塀と屋根があるので露天ではないが、窓越しに伊豆の日没が見ることができる。予約は特に必要ない。行って空いていれば内から鍵をかけて入ってください、というユルいノリ。早速空いているところに滑り込み一人貸切で温泉に浸かる。

 外から覗かれないためだと思うが窓の位置が高くて、ゆっくり湯船に浸かって外を眺めることができないのがアレだけどまあおおよそ満足。、一日浴びだ排ガスを洗い流し、冷え切って縮こまった身体が緩むと生き返った気がする。温泉は本当に素晴らしいね。

Dsc_1796
 18時、晩御飯。魚介のカルパッチョから始まる洋風のディナーコースとは別に巨大下駄に乗った刺身盛りが出てくる。アラフォー独身男性三人でも到底食べきれない量の食事をビールと白ワインで流し込む。美味い。美味いが、ただ、地元で取れた魚をメインにした盛り合わせ、というのも魅力的なのはわかるし、洋風ディナーコースはウリなのかもしれないが、なんか組み合わせ変じゃないか? 口の中で味がゴチャゴチャになってしまってもったいないので、ここら辺は再考願いたい。

 食後は酒を片手に新婚をいじりながら夜を過ごすのがマナーかと思っていたのだけど、夕食時に飲みすぎた一人が早くも撃沈(僕ではない)。そういう気配になることもなく、ストリッパーのお姉ちゃんを呼ぶ事もなく、温泉に入り直した後は静かに就寝。1日目終了。

ad

関連記事

田貫湖キャンプ

バタバタと忙しく、1週間更新が停まってしまいました。9月の連休、1泊2日でキャンプしてきました。場所

記事を読む

no image

生身の身体で峠を攻める男

これは…詳細はこちら。対向車線飛び出しまくりですが、事故った時の過失割合はどうなるんだろうね。

記事を読む

no image

動画で見るスポーツスターのオイル交換

 先日のスポーツスターのオイル交換講習会の模様をビデオにしてみました。作業しながら片手で撮影していた

記事を読む

no image

道志でキャンプ 2011年 秋

 「焚き火やりませんか?」とお声掛け頂いたので道志までキャンプに行ってきました。いつものハーレー仲間

記事を読む

南紀白浜・熊野・伊勢ツーリング(2日目・白浜観光〜那智の大滝までの巻)

2日目。6時半くらいに起床。青空。 着いた時は真っ暗で気付かなかったけど、このキャンプ場広

記事を読む

ad

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑