*

今すぐ見るべき『D-WARS』、あなたが地球外生命体なら(倒置法)

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 映画・テレビ

いろんな映画を見てきた僕の中でも燦然の輝き、かつ2秒後に忘れてしまいそうな、ひさびさにスゴイ映画を見て来ました。『D-WARS』です。余りに凄くて説明出来る日本語が見つからないのですが、ひとまずポジションを図で説明するとこんな感じです。

000

ネットに詳しい人であれば日本公開に至るまでの本作の経緯はご存知のはず。本国韓国では大ヒットになったにも関わらず、超拡大ロードショーとなったアメリカでは大ゴケ。レビューもヒドイ有様になり、そのヒドさをYoutubeで語ったアメリカ少年と愛国心溢れる韓国ネチズンがバトルになったり、そのネチズンが張り切ったお陰で「NYタイムズ読者が検索した映画1位」というふれこみも生まつつも、米国映画サイトで「2007最悪映画」に選定され、日本ではジプリ作品並みのロードショーを監督は期待していたものの2007年中はそもそも公開されることもなく、DVDスルーされる間際の正月映画直前の寒い時期にこっそりロードショーとなりました。

そんな状況を端的に表すかの様に、川崎チネチッタの844席の劇場も、例え平日のレイトショーとはいえ観客は僕を入れて10人という寒々しい有様。しかも映画途中で数人帰ったし。

もう内容的にはどこをつっこんでいいのか分かりません。映画が始まってすぐに導入部分のストーリーを映像ではなく登場人物が口頭で説明してしまい(映画である意味は・・・)、しかもその内容がまったく意味不明で、主人公自ら

Milco

と言ってしまう有様。主人公すらストーリーを理解できないまま、観客も置いてきぼりで映画はどんどん進み、よくわからないまま『ロード・オブ・ザ・リング』みたいな展開になり、『スター・ウォーズ』も混じり、『グリーン・デスティニー』になったかと思うと、『サラマンダー』ぽくなって『クローバーフィールド』が始まり、敵と戦うためにトレーニングしていた筈の主人公はただただヒロインを連れて逃げ回るばかり、FBIは『ポリスアカデミー』みたいだし、壮大なコントかと思っていたら、純愛韓流ドラマみたいな終わり方をした。

とても冷静に見れる状況になれず、爆笑、失笑、驚愕、睡眠、呆然の連続。ここまで脚本が破綻し、役者も大根で、CGもヒドく、かつ面白くない映画は初めて見たかもしれません。これでこれだけお金が集められた、という意味ではスゴイと思います。ある意味偉い。

ドラマはともかく日本では韓国映画はことごとくコケていて、それはいろんな理由があるのだろうけど、それでも中には僕も好きな映画があり(『グエムル』とか)、でもそんなこととは全く違う次元、レイヤーにこの映画はあります。もしかすると、冷静に見ると何かのパロディ映画なのじゃないか、そんな気にさせます。今度上映される『デイザスター・ムービー』のような。

この感覚、いつか味わったことがあるな、と思ってのだけど、さっき思いだしました。これ、見た時でした。

魔人ハンターミツルギ

正直、善くも悪くもこの映画で一晩語れそうです。「ウンコ味のカレーとカレー味のウンコ、どっちがいい?」と聞かれた状況に近いかもしれません。今年は『紀元前一万年』とか『僕の彼女はサイボーグ』とか、いわゆる”トンデモ”系映画を見ましたが、そんなのすら遠い地平に追いやってしまう、そんな『D-WARS』、オススメです。2週間持たなそうなので、興味ある人はお早めに!!

魔人ハンター ミツルギ [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント (2000-11-18)
売り上げランキング: 103364

ad

関連記事

no image

『クローバーフィールド HAKAISHA』

 プロデューサーのJ.J.エイブラムスはゴジラなどに思い入れが相当あって、なので日本への特別な思いか

記事を読む

no image

『借りぐらしのアリエッティ』

まあ「やっと」という感じで見てきました。『借りぐらしのアリエッティ』。 (C)2010GNDHDDT

記事を読む

no image

爆問学問〜編集工学 松岡正剛

家でぼんやりテレビを見ていたらNHKで『爆問学問』という番組をやっていて松岡正剛が出ていた。

記事を読む

no image

変態村

無事仕事も一段落して、そういえば先週末家でノンビリしようと思って借りてあったビデオがあったのを思いだ

記事を読む

no image

『あの胸にもういちど』

先日読んだ『オートバイ』の映画版。原作は正直あまりピンと来なかったのだけど、逆にビジュアルがイメージ

記事を読む

ad

Comment

  1. るん♪ より:

    どうしよう。
    すっごくすごく見たくなってきた。
    華麗なるギャッツビーはロバート・レッドフォード主演の映画をコドモの頃見たけど、なんとなくオサレでオトナな映画なカンジでそのころは理解出来なかった気がする。
    てゆうか、どんな内容だか覚えてないくらいですけど。

  2. kaizuka より:

    映画の日とかレディース・ディとかに見に行くのがいいかもしれないですね。1000円くらいなら笑って済ませられるかもしれません。保証はできませんけど…
    映画『華麗なるギャツビー』は僕もまだ見れてません(先日借りたけどみないまま返してしまった)。見たら感想書きますよ。

  3. (ね) より:

    やばいという話は聞いてましたが、それほどの経緯があるとは知らなかったです。
    勉強になりました。ありがとうございます!駄目映画、わりと好きなんですよ。
    デビルマン超えてますかね!?
    近々には「WALL・E」を見に行くつもりでしたが、こちらも考えてみますです。
    (比較対象にはならなさそうですね(^^;))
    ちなみにこれまで見た韓国映像は「グエムル」と「太王四神記」ですが(どちらも
    仕事絡み(^^;;)つっこみどころはありつつも割りと気にいってます。

  4. kaizuka より:

    家族で楽しむなら絶対「WALL・E」だと思いますよ・・・でも仲間が欲しいので見て欲しくもあります(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑