*

『浮世の画家』

公開日: : 書籍・雑誌

立て続けですが、カズオ・イシグロの『浮世の画家』、読了しました。

かつては影響力ある画家として多くの弟子に囲まれて活動していたが、今はもう筆を折り隠居の身として暮らしている主人公。その彼の視点と過去の回想を通して、家族や世間第二次世界大戦を前後して大きく変わる価値観と、それに取り残され家族や世間の人々の関係に悩む自身の姿が描かれている。

先に読んだ『遠い山なみの光』やブッカー賞受賞作で映画にもなった『日の名残り』と同じように、もっととも核心部分は語られていない。それは主人公にとってもあまり触れたくないこと、思いだしたくないことで、でもその核心部分こそが今置かれている自身が状況の原因になっていてそのことを後悔し反省もするのだけど、それでもまたその部分はかつては良かれと思って行ったことでもあり決して否定はしたくない、そういう主人公の複雑な心境が、主人公の絵の師匠でもある森山さんがかつての日本の伝統的な表現方法を排し光と影を重ねることで浮き世の世界を表現したかのように、直接的な表現ではなく輪郭をなぞって像を結ぶような表現で描かれている。逆にそういう淡い表現をすることで本当の核心部分が浮き立ってくる、その描き方は素晴らしい。

著書がいくつかあるけどボリュームと読み易さもあって、カズオ・イシグロを初めて読むならこれが一番良いと思います。

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ
早川書房
売り上げランキング: 118188
おすすめ度の平均: 3.5

4 カズオ・イシグロ入門編
3 傷を「自分のもの」として受け入れて生きていく

ad

関連記事

no image

『 荒野へ 』

 9月6日に公開される映画『 イントゥ・ザ・ワイルド 』が良い作品だったのもあり実存した主人公クリス

記事を読む

no image

今年の「読んだ本」

1年の総括、読んだ本篇。ただし順位がつけられないので羅列する感じで。 ■『 カラマーゾフの兄弟

記事を読む

no image

最近読んだ本

 読んだ本のログを取るために年明けから読書メーターを始めた。読書をページ数で計るのはどうかと思うけど

記事を読む

STUDIO VOICE 補完計画(と挫折)

blogにたびたび登場するSTUDIO VOICE。もともと僕は「集める」ってことをしないタイプなん

記事を読む

no image

NIKITAが休刊

全然透けて欲しくないのに 「モテるオヤジはちょい透けシャツ」 とかのキャッチフレーズで世の枯れ始めた

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑