*

『 半島を出よ 』

公開日: : 書籍・雑誌

 経済が弱体化し、外交的にも孤立した、2011年の日本(この本の刊行は2005年)という設定で繰り広げられるストーリー。

 昨今の朝鮮の状態や最近の世界的な経済状態とか、現状置かれている日本の状況やリスク管理意識とかを考えると、まったく考えられないシナリオでもないわけで、その辺のリアリティはさすがだけど、後半の展開や結末を考えるとそういうったリアリズムとか問題提起的なところより、青春小説っぽいのかな、と思う。描かれてるのが北朝鮮の青年兵士とイシハラグループの少年たちなのでちょっと特異な感じだけど。

 徹底したリアリズムなので戦闘や拷問のシーンはかなりエグい描写なのだけど、それ含め久々に面白い小説でした。上下刊で926ページのボリュームだったけどあっという間。後半のシーホークホテルでの戦闘シーンとかは、日頃通勤時しか本読まないんだけど、ウチに帰って来てから最後まで一気に読んだ。それくらい。

 ハードカバーは重たいけど文庫も出てるようなのでまだの方は是非。

半島を出よ 上 (1) (幻冬舎文庫 む 1-25)
村上 龍
幻冬舎
売り上げランキング: 23483
おすすめ度の平均: 4.0

3 冗長で散漫なのが欠点
5 平和という名のモラトリアム
3 面白い事は面白いのだけれど…
5 リアルなシミュレーションと壮大な物語
4 恐ろしい未来も考えさせられる

半島を出よ 下 (3) (幻冬舎文庫 む 1-26)
村上 龍
幻冬舎
売り上げランキング: 23268
おすすめ度の平均: 4.0

5 カネシロ チェ・ヒョイル シノハラ リ・キヒ
5 コツを教えましょう
4 徹底したリアリズム
1 冗長且つ緩慢
3 長かったぁー、活字地獄。

ad

関連記事

no image

『砂の女』

読む本に「間」が出来たので本棚を漁って久しぶりに阿部公房を手に取った。『夢の逃亡』はもうずっと枕元に

記事を読む

no image

ダウン・ツ・ヘヴン

3作目。ストーリー的には『ナ・バ・テア』の続き。2日で読了しちゃったのが良いのか悪いのか・・・

記事を読む

no image

フラッタ・リンツ・ライフ

気が付くと『 スカイ・クロラ 』シリーズも第4作目。最初は読んだときは「よくわからない」という感想だ

記事を読む

no image

『御馳走帖』

川上弘美のエッセイとかを読んでるとよく出てくる内田百閒。やっと読む機会がまわってきました。初回は「御

記事を読む

no image

『 桃 』

久世光彦の『 桃 』、読了しました。 桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にし

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑