*

『光ってみえるもの、あれは』

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 書籍・雑誌

川上弘美づいてますが『光ってみえるもの、あれは』、読了しました。

読んで感じたのは「今回は登場人物たちの輪郭がハッキリしてるな」ということ。いつも川上弘美の小説に出てくる人たちは、もやもや、ふわふわしていて輪郭もボンヤリとしているのだけれども、今回は翠も花田も平山も、愛子さんも 匡子さんも、大鳥さんですら、東京でも五島列島の夏の日差しの下でも、くっきりと輪郭を保っている。別にそれが嫌だ、ということではなくて、ちょっと意外というか驚きだった。

彼らをとりまくボンヤリとした世界との対比で、そのくっきりした人物像が際立って見えて、こと後半の島でのやりとりは魅力的だった。もちろんその手前に細々とした伏線があったからで、その作り方は毎度すばらしい。こと花田くんのキャラは凄い好き。高校生くらいってそういうこと考えそうだようなぁ、と。

自身ゴチャゴチャしている近況の中で、こうやってすっと入ってくる小説をこのタイミングで読むことができたのは、いろんな意味でよかった。中で引用されている詩に、こと、351ページに掲載されいる、ジャン・コクトーの『偶作』には、示唆が含まれているような気がしてしまうのは気のせいだろうか?

光ってみえるもの、あれは (中公文庫)
川上 弘美
中央公論新社
売り上げランキング: 425,013

ad

関連記事

no image

『 半島を出よ 』

 経済が弱体化し、外交的にも孤立した、2011年の日本(この本の刊行は2005年)という設定で繰り広

記事を読む

no image

『霧(骸骨乗組員)』

 映画としては好き嫌いがハッキリと分かれる『ミスト』。僕は久々に本当にグっと来た大好きな映画で、ST

記事を読む

no image

『誰かが手を、握っているような気がしてならない』

 敬愛する前田司郎の新著、読了しました。 今までの「あくまで一人の主人公による独白」というような展開

記事を読む

no image

『高慢と偏見とゾンビ』 #pp_zombie

あの奥ゆかしくも美しい歴史的恋愛小説『高慢と偏見』を、ゾンビが跋扈する血塗られた英国を舞台に再構築し

記事を読む

no image

『ノルウェイの森』

20年近く避けてきた『ノルウェイの森』、読了しました。感想は「ブームになっていた20年前に読んでれば

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑