*

『子猫が読む乱暴者日記』

公開日: : 書籍・雑誌

 98年から99年に発表された短編集。溢れるばかりの暴力は、そういえば先日読んだ新著『ニートピア2010』にもちゃんと引き継がれていて、10年近い期間このペースを維持できたというのはある意味凄いと思う(笑)。

 あれだけ『グランド・セフト・オート』が叩かれているのに(僕はスゴイ大好きなゲームなのだけど)よく中原昌也は叩かれないな、と思えるくらいの内容。だけどその過剰さと、文体の独特なリズムとが相まってかえってバカバカしく、ニヤニヤと笑いながら読めてしまう。だから好き。確かにこれを読んだからといって何が得られるとかそういうものは何も無いけど。

 「殺してやる、絶対に!」
 ヒューマニズムという名のか弱い小鳥たちが、俺の殺戮の燃え上がる情念にド肝抜かれてピヨピヨ鳴き始めた(黒ヒゲ独身寮)

 とか

 窓ガラスの上を樹木の茎のように、いくつもの小さな流れとなって広がる老人の精液。もうそれは不潔だとか異常な行為だとかいう凡人の範疇を超え、何か私にスピリチュアルなものを感じさせた。朽ち果てた土地に老人はまるで種を蒔いたかのように私には見えたのだ(欲望ゴルフ ホール・イン・ワン)

 とか。

 ただほんと続けて読んでいると心が荒みそうなので、またちょっと時間を置いて他の著作を読みたいと思います(笑)。

子猫が読む乱暴者日記 (河出文庫)
中原 昌也
河出書房新社
売り上げランキング: 78917
おすすめ度の平均: 5.0

5 絶望はひたむきに向き合うためにあるんじゃない
5 憎悪が背景にあるのになぜか心地よい小説

ad

関連記事

no image

『 アサッテの人 』

同僚から「これ面白いよ!」と貸してもらった『 アサッテの人 』、読了しました。 凝った構成な分

記事を読む

no image

だから今読むべき 『 希望の国のエクソダス 』

 2000年、この作品が刊行された時期は丁度僕が今のネット会社で働きだしたとの前後する。当時、本屋で

記事を読む

no image

千年の祈り

yomyom vol.4の中のエッセイの中で島本理生さんが紹介していて気になっていた『 千年の祈り

記事を読む

no image

『光ってみえるもの、あれは』

川上弘美づいてますが『光ってみえるもの、あれは』、読了しました。 読んで感じたのは「今回は登場

記事を読む

no image

NIKITAが休刊

全然透けて欲しくないのに 「モテるオヤジはちょい透けシャツ」 とかのキャッチフレーズで世の枯れ始めた

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑