*

『スターシップ・トゥルーパーズ3』が7月19日からロードショー

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 映画・テレビ

一概に「好き」と言ってもいろんな「好き」の形があると思う。毎日食べても飽きないラーメンと、死ぬ前に今一度食べたいラーメンが違うように、「好きな映画」にもいろいろあって、そういう意味では『スターシップ・トゥルーパーズ』は”毎日見ても飽きない映画”に該当する。本当にもう何回見直しただろうか。何回見直しても飽きない。面白い。この面白さは僕にとって”癒し”なのだ、と言ったら友人に本当嫌な顔をされたけど、本当にそうなのだから仕方がない。もちろん死ぬ前に今一度見たい映画はまた別にある。

そんな大好きな映画『スターシップ・トゥルーパーズ』。続編の『2』には心底ガッカリして(低予算だったから仕方ない、という話しもあるけど)映画の途中でトイレ行っちゃうくらいだったのだけど、満を持してポール・バーホーベン製作総指揮による『スターシップ・トゥルーパーズ3』が7月19日にロードショーされる。『1』の主役ジョニー・リコも帰ってきて、一応原作への敬意も込めて「パワードスーツ」も登場するよう。すごい楽しみ。ここ最近の一番の関心ごととも言ってもいい。

映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の面白さはどこなの?と良く聞かれるけど、僕は、ネジが3本ぐらい飛んだような愚直な登場人物たちしかり、あたかも何かの皮肉を表しているかのようで実は単にシュールなだけの世界観しかり、ポール・バーホーベンが楽しんでやりたいように映画を作っている情景しかり、そして作られた昆虫たちのカオスなほど進化の合理性と非合理性がない交ぜになった造形しかり、大量の昆虫相手に脆弱なマシンガン一丁で挑んでいく”市民”たちしかり、ツッコミどころが満載で、でもそれは決して映画がすべってるわけじゃなくて、そもそも製作者たちが「この映画で別に何か訴えたいものがあるわけじゃなくて、単に作りたいから作ってる」のがヒシヒシと伝わってくるのが心地よくて、だからこの映画が好きなのだ、というのを今とりあえず考えてみた。

いまだ『スターシップ・トゥルーパーズ』を見たことがない、という可哀想なアナタ。是非死ぬ前に一度見てみてください。オススメ。

スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010-12-22)
売り上げランキング: 12,097

ad

関連記事

no image

『ブラインドネス』

『ブラインドネス』、見て来ました。 ある日、一人の男が何の前触れもなく突然失明する。そしてその

記事を読む

no image

『バーン・アフター・リーディング』

『ノーカントリー』以前の、『ファーゴ』や『バーバー』のようなブラックコメディ。思いつきだけみたいな杜

記事を読む

no image

『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 』

 まったくノーマークだった。パッケージや予告編とかを見る限り、ありがちな”父と子の和解”みたいなテー

記事を読む

no image

『 ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー 』

みなさん、この年末年始の「正月映画」が不作だったことについて異論は無いと思います。とはいえ正月が退屈

記事を読む

no image

自意識過剰な中学生に娘を殺された女教師が徹底的に犯人を追い込む痛快復讐活劇 『 告白 』

話題の『告白』を見てきました。 (C)2010「告白」製作委員会 復讐劇といってもハリウッド映画の

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑