*

『誰かが手を、握っているような気がしてならない』

公開日: : 書籍・雑誌

 敬愛する前田司郎の新著、読了しました。

 今までの「あくまで一人の主人公による独白」というような展開と違い、父と母、娘2人という「家族それぞれの独白」で構成されたストーリー、と思わせて実はそのうちの一人による独白(?)という展開。そういえば章分けも行空けもなく、どこからどこまでが誰の独白となっているのか境目が判然としない作りにもなっていて、このあたりはちょっと最初は戸惑った。

 内容的にはそうだなぁ、う~ん、いつもの前田節に期待していたところもあったのでちょっと拍子抜け、というか、まあ違うアプローチということかもしれないけど、僕はそもそも「家族」についてとかあまり言うことも無いし、結ぶ像がないので、家族すべて、そして神=父の、ナオを経由して語られる家族像のカタチを読んでみても「まあそうかもね」という感想くらい。こういうそれぞれの方向から家族像を作っていく、というのなら角田光代の『空中庭園』とかのほうが(まあ正統派なつくりだけど)面白くて好きかな。

 でもまあ、いつものあのギスギスした感じ(笑)はシンパシー度も高い分好きだけど、こういう暖かい作品も出てきたところだし、次また期待しています。一度は舞台を見に行くかなぁ。

誰かが手を、握っているような気がしてならない
前田 司郎
講談社
売り上げランキング: 19426

ad

関連記事

no image

『 田紳有楽・空気頭 』

 藤枝静男の『 田紳有楽・空気頭 』、読了しました。先の『 桃 』と同じく川上弘美のエッセイ集『 ゆ

記事を読む

no image

頭のうちどころが悪かった熊の話

あまり辛い話しばかり読んでると本当に辛くなってくるので、ここらで少し穏やかな本を、ということで、買っ

記事を読む

no image

『草の竪琴』

トルーマン・カポーティに関しては映画『カポーティ』を見て、それに触発されて『冷血』を読んだ、というだ

記事を読む

no image

『 半島を出よ 』

 経済が弱体化し、外交的にも孤立した、2011年の日本(この本の刊行は2005年)という設定で繰り広

記事を読む

no image

安心する表紙

今でもまだ学生は夏休みの宿題として読書感想文の提出とかあるんでしょうか?今年もまた出版社各社から夏の

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑