*

『りすん』

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 書籍・雑誌

群像』3月号から。第50回群像新人賞、第137回芥川賞をダブル受賞した諏訪哲史の、その『アサッテの人』の次に出た著作。

ただ、正直ちょっとがっかり。言葉の音(おん)やコミュニケーションについての興味や、小説の構造的な関心は分かるのだけど、何も『アサッテの人』から繋がるような話しを書かんでもいいんじゃないの?と思った。意図的なのかどうか知らんのだけど。

全編会話だけで成立させる、とか、小説の中での主観と客観を綯い交ぜにしていく、とか、別に特に新しいわけでもないし、なんかちょっと考えオチなところばかり目について読むの辛かったです。次回作に期待します。

それよりもこの話しの次に掲載されていた佐藤憲胤の『ソードリッカー』の方が面白かった。これが面白いと感じられるなら、今なら吉田修一の『ランドマーク』も面白いと思えるだろうか。当時は全然何も感じなかったけど。あと大庭みな子の『痣』も強烈だった。こういうの、忘れていってはいけないことなんだろうな、と思う。仕方のないことでもあるんだろうけど。

ランドマーク (講談社文庫)
講談社 (2013-11-08)
売り上げランキング: 2,266

ad

関連記事

no image

『 桃 』

久世光彦の『 桃 』、読了しました。 桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にし

記事を読む

no image

『犬が星見た〜ロシア旅行』

 『富士日記』繋がりで、武田百合子著『犬が星見た』を読了しました。 昭和44年(1969年)の6月か

記事を読む

谷川健一著『蛇―不死と再生の民俗』

8月に諏訪神社に行った以降、蛇神信仰のことが気になっていたのだけど、たまたま地元の図書館にこういう本

記事を読む

no image

『 この世の全部を敵に回して 』

”白石一文が問う、00年代「人間失格」の書”という帯に惹かれて買ってみた本。タイトルほど扇情的でもな

記事を読む

no image

『ノルウェイの森』

20年近く避けてきた『ノルウェイの森』、読了しました。感想は「ブームになっていた20年前に読んでれば

記事を読む

ad

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑