*

『 アサッテの人 』

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 書籍・雑誌

同僚から「これ面白いよ!」と貸してもらった『 アサッテの人 』、読了しました。

凝った構成な分だけ出だしこそ流れを理解するのにかなり苦労したのですが、後はスルスルと読み進めることができました。

が、どう面白かったのか説明が難しい。blogにもいろいろ書いてみようとしたのだけれど、どうしても途中で言葉に詰まる。「そういうことだっけ?」と、最後まで書き切ることができない。

困ったので、とりあえず今出ている『群像』に諏訪哲史の新作が載っているので、それを読んでから、まとめられればまとめてみたい。できる自信がないのだけど。

アサッテの人 (講談社文庫)
諏訪 哲史
講談社 (2010-07-15)
売り上げランキング: 40,071

ad

関連記事

no image

『別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判』

 いつもだったらこの手のノンフィクションは読まないんですよ。この事件がかなり特異だということはニュー

記事を読む

no image

読書の夏

8月10日20時6分配信 時事通信 スペイン東部バレンシアの海岸で、日光浴中の海水浴客に語り掛ける

記事を読む

『ファンタジーランド: 狂気と幻想のアメリカ500年史』読了

読了した。ここ最近読んだ中では最高の本だった。 ファンタジーランド(上): 狂

記事を読む

no image

『子猫が読む乱暴者日記』

 98年から99年に発表された短編集。溢れるばかりの暴力は、そういえば先日読んだ新著『ニートピア20

記事を読む

no image

フラッタ・リンツ・ライフ

気が付くと『 スカイ・クロラ 』シリーズも第4作目。最初は読んだときは「よくわからない」という感想だ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑