*

『 桃 』

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 書籍・雑誌

久世光彦の『 桃 』、読了しました。

桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にした人間の生の死を、瑞々しい桃の透き通った甘い香りと、腐敗した桃のむせ返るような過度な甘い匂いにのせて描かれている。「生」はそのまま「性」に繋がっていて、だから描写は艶かしく血の匂いも混じる感じではあるけど、グロテスクというのではなくて登場人物たちの秘めた気高さを浮き立たせている。まあこの辺は巻末の解説そのものですけど。

表現も甘美で情景描写も美しく、短編それぞれのストーリーも多彩で面白かったです。個人的には「尼港の桃」と「響きあう子ら」がお気に入り。

なんかもっと前に書かれた本なのかと思っていたら最近のものなんですね。まあ確かに言葉の選び方が最近のものでしたけど。また機会みつけて久世光彦著作読んでみたいと思いますよ。

桃 (中公文庫)
桃 (中公文庫)

posted with amazlet at 14.09.16
久世 光彦
中央公論新社
売り上げランキング: 325,291

ad

関連記事

no image

ダウン・ツ・ヘヴン

3作目。ストーリー的には『ナ・バ・テア』の続き。2日で読了しちゃったのが良いのか悪いのか・・・

記事を読む

no image

充たされざる者

友人に薦められて『わたしを離さないで』を読んで以降、カズオ・イシグロにちょっとハマって『日の名残り』

記事を読む

no image

さようならしようかな、STUDIO VOICE

 先月号で400号となったSTUDIO VOICE。400回も続く月刊誌って今この状況を別としても相

記事を読む

あのころ話題になっていたホームページはまだあるのか(ゲーム編)

僕が初めてインターネットに繋いだのは1996年だ。気がつくともう20年も前になる。当時すでにネット上

記事を読む

【書評】『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』 〜 これからの福島を考える「種」

最初に僕自身の原発へのスタンスを書いておくと、「原則廃止、ただしすぐにすべて停止・廃炉は現実的ではな

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑