*

『 ブリッジ 』

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 映画・テレビ

冬の日の雨の三連休初日。レンタルビデオ日和。次は『 ブリッジ 』。ドキュメンタリです。

観光名所としても有名なサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ。実はここは自殺の名所でもあるのだそうで、それを知った監督が1年間ここを4台のカメラで撮影し続け、その飛び降りる様を撮影。生き残った人、亡くなった人の家族・友人にインタビューをして、自殺に無関心の社会に対して一石を投じたい、ということらしい。

アメリカって日本より心病んでる人が多いってイメージがあって、映画中でも「アメリカでは自殺が多い」って語られているんだけど、調べてみると人口辺りの自殺者数は日本の半分弱。総人口は日本の倍なので自殺者総数は同じくらいなのかしら。だとしたら少なくはないね。

ただこの映画、淡々と撮影しインタビューをしていくのだけど、じゃあ何っていう提起するものもなく、何かをあぶり出すようなものがない。「撮影してる場合じゃなくて、飛び降りようとしている人がいるなら助けるべきだ」という世論の中で映画を完成させたのだけど、その情熱をもってして訴えかけてくるものがないんだよね。結局何が言いたいのかよくわからない。

とはいえ、この映画がきっかけになったのか、簡単に柵を越えられないように計画がされているらしい。それはいいことですね。

あと不謹慎ながら凄いと思うのは、過去この橋のどの位置から飛び降りたのか、統計がとられていること。みんな内海に方に飛び降りてるのは意味があるのかな。年代別飛び降り数とかも統計ありました。

結論としては、重たい内容の割りに、やっぱりメンタリティの違いなのかちょっとピンとこない内容でした。それだけ自殺に鈍感になってるとは思いたくないですけどね。ともあれ亡くなられた方々のご冥福お祈り申し上げます。こういう痛ましいことが少しでも減りますように。

ブリッジ [DVD]
ブリッジ [DVD]

posted with amazlet at 14.09.16
アミューズソフトエンタテインメント (2007-11-22)
売り上げランキング: 82,232

ad

関連記事

no image

カンフー・アクション版『白雪姫』の監督決定

 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作する、カンフー・アクション盛りだくさんの実写版『白雪姫』の

記事を読む

no image

今すぐ見るべき『D-WARS』、あなたが地球外生命体なら(倒置法)

いろんな映画を見てきた僕の中でも燦然の輝き、かつ2秒後に忘れてしまいそうな、ひさびさにスゴイ映画を見

記事を読む

映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』のマサラ上映会に行ってきました。

映画が好きでよく見に行くのだけど、常々劇場のマナーとか「いちいち小煩せーなー」と思っていた。たしかに

記事を読む

no image

『パプリカ』

 原作を読了した後、改めてみるとまた随分感想が違ってくるもんですね。原作にそれほどノメリこめず、今敏

記事を読む

話しを聞くたびに毎回モヤモヤする映画鑑賞マナーの話

先日、こういうエントリを読んだ。 映画泥棒と石を投げる者、映画鑑賞時のマナーについて考えていたら混

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑