*

『 グミ・チョコレート・パイン 』

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 映画・テレビ

38歳の誕生日にこの映画がロードショーされるのも何かの業、ということで見て来ました。

確かに主人公と同じ歳なのでオンタイムだからわかる面白さとか郷愁感とかありますし、あの当時の高校生の、特に男子高校生の痛々しさとか、絶望的な微笑ましさとか、まあわかるんですけど、それ以上に感想は特にない、というか。

まあでも、そういう映画、と言われればそれまでで、映画始まる時にあらかじめナレーションで説明されるくらいだから、それでいいのかもしれんけど。

この映画を見た同じ世代の人たちはどういう感想なんだろう。「懐かしい」「あの時代はよかった」と思うのだろうか?

この映画を見た若い世代はどう思うだろう。「面白い」「こんな時代があったんだ」と思うだろうか?

僕は特にない。ただ38歳の主人公の境遇が今の僕と同じ過ぎて身につまされるくらいだろうか。でもそれは世代とか時代とか関係ないしね。

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ
角川書店
売り上げランキング: 152,248
グミ・チョコレート・パイン チョコ編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ
角川書店
売り上げランキング: 150,481
グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ
角川書店
売り上げランキング: 126,596

ad

関連記事

no image

『 ダークナイト 』

映画『バットマン』ってシリーズが続けば続くほどグダグダになっていく典型的な”ダメなハリウッド映画”と

記事を読む

no image

『 パラノイドパーク 』

青春映画好きで、その中でも『エレファント』は本当に印象深く、そのガス・ヴァン・サント監督の新作だとい

記事を読む

no image

変態村

無事仕事も一段落して、そういえば先週末家でノンビリしようと思って借りてあったビデオがあったのを思いだ

記事を読む

映画『サウルの息子』

先日、2016アカデミー賞 外国語映画賞を受賞した『サウルの息子』を観た。全編にわたって緊張を強いら

記事を読む

no image

The Rules of Attraction.

また飽きもせずに青春映画。パッケージビジュアルやパッケージ裏を見る限りもっとクレイジーなのかと思って

記事を読む

ad

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑