*

センセイの鞄

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 恋愛, 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌

流行に乗り遅れ易いたちで、今さっき読了しました。

淡々とはしてますが柔らかく暖かいトーンで年離れたセンセイとの恋が描かれていて、最後の方のちょっと生っぽい行は僕としては無くてもいいと思うんだけど、でもキチンと単に奇麗なお話だけな恋じゃないものとするなら必要、と言われると、そうかもな、とは思う、まあ川上弘美らしい作品。評価されるのは充分わかる。

解説を読む辺りこの本に熱狂した世のオジサマたちは、老齢に達したときに自分もこのセンセイのように年若い女性と淡い恋ができるのでは、とそれこそ淡い期待を寄せたりしたみたいだけど、そういう脂っこいことを考えてる以上は永遠にできないだろうな、とは思う(笑)。僕はどちらかというと作中の歳が同じこともあってツキコの方にシンパシーを感じる。早く枯れたいとも思ってるんで、こういうちょっと枯れた恋愛も憧れではあったりする。

ニシノユキヒコの恋と冒険 』と比べるとちょっとアレですが、まあそれは主人公が同性か異性かという違いによるものからかもしれず、まあ読んでそんは無い内容だと思うので、まだの方はどうぞ。

センセイの鞄 (文春文庫)
川上 弘美
文藝春秋
売り上げランキング: 6,415

ad

関連記事

no image

ユーウツな天気だから

家でコーヒー飲みながら本を読みつつ昔のDVDを流す。 あとでバイクの引き取り。雨が降ってなかったら

記事を読む

no image

999

 そして365日ぶりに誕生日です。いい加減いい歳して誕生日も嬉しくないでしょう、とはよく言われるけ

記事を読む

no image

和風パスタ店での苦悩

先日仕事の出先で昼食にと和風パスタ店に入った。稲庭うどんみたいな太い麺にたらこをまぶして供するのがウ

記事を読む

no image

『高慢と偏見とゾンビ』 #pp_zombie

あの奥ゆかしくも美しい歴史的恋愛小説『高慢と偏見』を、ゾンビが跋扈する血塗られた英国を舞台に再構築し

記事を読む

no image

参院選についてとか

大方の予想通り与党が惨敗した。公明はいいとばっちりだろうけど、あれだけ現職閣僚が不祥事起こしたり自殺

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑