*

わたしたちに許された特別な時間の終わり

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 書籍・雑誌

久々に辛い本だった。

決して内容が悪い訳じゃない、いやたぶんどちらかというと好きなストーリーなんだと思う。だけど、これが著者だからなのかこの本だからなのかわからないけど、それにしても文体がドライ過ぎる。最初の3行を読んでウッと来たように、あまりのドライさに喉がカラカラになって咀嚼するのも大変になり、あまり無理して飲み込み続けるとやがて味覚が麻痺してくるように、文字を一生懸命飲み込むのだけどまったく頭に入ってこず、もう3行前に何が書かれていたのかも思いだせなくなってくる。この手の文体を好む人もいるのかもしれないけど、僕はこれは失敗だと思う。

ただ単に、この本に収録されている『三月の5日間』が2005年に第49回岸田國士戯曲賞を受賞したように、また違った解釈もあるのかもしれません。僕は演劇は全然わかりませんし。ただ前田司郎は超好きだし、本谷有希子も読みますけどね。

正直、この本をなんで買ったのか記憶に無い。その他いろいろ買って届いたAmazonの荷物に入っていた。どこでレビューを読んで、いつAmazonのカートにいれたのだろう。全く思いだせない。ただ折角の縁だし、1作だけで判断するのも気が引ける。『グランド・フィナーレ』を最初に読んで「え〜」と思ったけど、それ以降『ニッポニア・ニッポン』『インディヴィジュアル・プロジェクション』と立て続けに読んで好きになった阿部和重や、同じく最初は戸惑ったけど以降ファンである安部公房や、森博嗣もいくつか読んで好きになったし、そういうことも多いので、この著者の作品ももう少し読んでみます。

さてここで買い置いた本がなくなった。次は何にしよう。

わたしたちに許された特別な時間の終わり
岡田 利規
新潮社
売り上げランキング: 321,758

ad

関連記事

【書評】『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』 〜 これからの福島を考える「種」

最初に僕自身の原発へのスタンスを書いておくと、「原則廃止、ただしすぐにすべて停止・廃炉は現実的ではな

記事を読む

no image

『 桃 』

久世光彦の『 桃 』、読了しました。 桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にし

記事を読む

no image

アウトドアブームなのに

アウトドアブームである。そして夏のシーズンを向かえ、野外フェスとかもあるのでオシャレなアウトドア雑誌

記事を読む

『ファンタジーランド: 狂気と幻想のアメリカ500年史』読了

読了した。ここ最近読んだ中では最高の本だった。 ファンタジーランド(上): 狂

記事を読む

no image

カラマーゾフの兄弟

長かった・・・やっと読了しました。 思えば実家には「世界名作集」みたいな平凡社による全集が揃っ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑