*

ヒューマン失格

http://lou5.jp/?url=http%3A%2F%2Fwww.aozora.gr.jp%2Fcards%2F000035%2Ffiles%2F301_14912.html

 それは、マイセルフの、人間に対するラストの求愛でした。マイセルフは、ヒューマンをマキシマムにフィアーしていながら、それでいて、ヒューマンを、どうしても思い切れなかったらしいのです。そうして自分は、この道化のラインでわずかにヒューマンにつながるシングが出来たのでした。おもてでは、絶えず笑顔をつくりながらも、内心は必死の、それこそ千番に一番のグッドバランスとでもいうべきタッチアンドゴーの、油スウェットフロートしてのサーヴィスでした。
 マイセルフはチャイルドのタイムから、マイセルフのファミリーのパースンたちに対してさえ、彼等がどんなにディッフィカルトに、またホワットシングをシンクアバウトしてリブしているのか、まるでちっともマークつかず、ただおそろしく、その気まずさに堪えるシングが出来ず、既に道化の上手になっていました。つまり、マイセルフは、いつのまにやら、シングルワードも本当のシングを言わないチャイルドになっていたのです。

ただひたすらに感心した。

ad

関連記事

no image

『オートバイ』

 出張先の名古屋の本屋で偶然手に取った本。  単純に概要を言うと夫婦の寝室から抜け出して、愛人から貰

記事を読む

no image

さようならしようかな、STUDIO VOICE

 先月号で400号となったSTUDIO VOICE。400回も続く月刊誌って今この状況を別としても相

記事を読む

no image

『 この世の全部を敵に回して 』

”白石一文が問う、00年代「人間失格」の書”という帯に惹かれて買ってみた本。タイトルほど扇情的でもな

記事を読む

no image

『 田紳有楽・空気頭 』

 藤枝静男の『 田紳有楽・空気頭 』、読了しました。先の『 桃 』と同じく川上弘美のエッセイ集『 ゆ

記事を読む

谷川健一著『蛇―不死と再生の民俗』

8月に諏訪神社に行った以降、蛇神信仰のことが気になっていたのだけど、たまたま地元の図書館にこういう本

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑