*

すべてがFになる

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 書籍・雑誌

最近、森博嗣を読み続けてるけど『 スカイ・クロラ 』シリーズ以外は初。ジャンルはミステリー。

感想ですか。う~ん。こう言ってしまうと見もふたもないのだけどミステリーというジャンルそのものが苦手だな、と思った。

いや面白いですよ。数学的知識は無いけどネットワークやシステムの話しはまあ仕事柄分かるので謎解きの部分は面白かったし、ミステリー独特の早く先読みたい感も十分あったんですけど、なんというか…読後に残るものがない、というか…ミステリーは謎解き終わってしまえばそれまでなんですかねぇ。そういうものか。まあシチュエーションと主役級のキャラのあり得なさ具合にもちょっと引いちゃった感があるのかもしれません。

Amazonの書評を見てるとみんな結構高評価なのでミステリー好きが読めばまた感じが違うのかもしれません。

とりあえず僕は11月25日に出る『 フラッタ・リンツ・ライフ 』の文庫を待ちたいと思います。

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 255

ad

関連記事

no image

愛でもない青春でもない旅立たない

前に『恋愛の解体と北区の滅亡』を読んで、その絶望的な独り言モードに結構心轢かれ(惹かれるのもどうか)

記事を読む

no image

千年の祈り

yomyom vol.4の中のエッセイの中で島本理生さんが紹介していて気になっていた『 千年の祈り

記事を読む

no image

国境の南、太陽の西

読了しました。 村上春樹を読んだのはノンフィクション『 アンダーグラウンド 』から2作目。 正直バブ

記事を読む

no image

『 アサッテの人 』

同僚から「これ面白いよ!」と貸してもらった『 アサッテの人 』、読了しました。 凝った構成な分

記事を読む

no image

『草の竪琴』

トルーマン・カポーティに関しては映画『カポーティ』を見て、それに触発されて『冷血』を読んだ、というだ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑