*

ダウン・ツ・ヘヴン

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 書籍・雑誌

3作目。ストーリー的には『ナ・バ・テア』の続き。2日で読了しちゃったのが良いのか悪いのか・・・

「ただ、飛び続けていたい」というクサナギの気持ちと、地上の人たちの思惑の狭間で、この物語の世界観も後半からなんとなく見えてくる。だけどこの本のメインは全然そこじゃなくて、最後の二人の異能者同士のドッグファイトがクライマックス。美しくて、哀しい。

ここでのやり取りは読んでいて松本大洋の『ZERO』を思いだした。ここでの戦いも美しくて、哀しかった。

ひとまず『スカイ・クロラ』へ戻っていく前振りっぽいのも出て来たし、続編楽しみにしてますよ。まだ文庫版出るの先みたいですが。しかも改めて情報調べたら4作じゃなくて5作だった。まあ長く楽しめるならそれの方がいいけど。

ダウン・ツ・ヘヴン (中公文庫)
森 博嗣
中央公論新社
売り上げランキング: 55,688
ZERO 下    BIG SPIRITS COMICS SPECIAL
松本 大洋
小学館

ad

関連記事

no image

頭のうちどころが悪かった熊の話

あまり辛い話しばかり読んでると本当に辛くなってくるので、ここらで少し穏やかな本を、ということで、買っ

記事を読む

no image

『草の竪琴』

トルーマン・カポーティに関しては映画『カポーティ』を見て、それに触発されて『冷血』を読んだ、というだ

記事を読む

読了『無形民俗文化財が被災するということ』

これも図書館で見かけ気になっていたので借りて読んでみた。 無形民俗文化財が被災

記事を読む

no image

2月に読んだ本

2月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1511ページ 隣の家の少女 (扶桑社ミステリー

記事を読む

no image

『子猫が読む乱暴者日記』

 98年から99年に発表された短編集。溢れるばかりの暴力は、そういえば先日読んだ新著『ニートピア20

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑