*

ナ・バ・テア

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 書籍・雑誌

スカイ・クロラ』の中で語られてこなかったミクロな問題の解答。もう最初の読み始めで答えがすぐ分かってしまうのだけど、そういったミクロな視点の積み重ねでこのシリーズは物語られていくんだな、と思うと俄然面白く感じられるようになってきた。やっぱり1冊だけじゃ判断できなかった、と思う。もちろん結末でがっかりすることもあるだろうけど、とりあえず最後まで読むことに決めたよ。

本という4つのピースの中で『スカイ・クロラ』『ナ・バ・テア』で土台は組み上がったので(たぶん)、あと2作でマクロな世界が見えてくるといいな、と思ってます。ただまあこの展開からするとすべてミクロな視点からしか世界が見えてこないまま終わりそうな気もしますが、まあそれはそれで。

僕は飛行機を操縦することはできないし、一般的な男の子がパイロットに憧れる時期が少なからずあると思うけど、でも僕は昔からそういう時期は一度もなくて、だからそもそも主人公たちに対しての思い入れというか、空を飛ぶことへの想いというのも特にないのだけど、読めば読むほど主人公たちの「飛びたい」という気持ちと僕がバイクに乗る理由が同じで、バイクは決して宙に浮かなくて汚れた地上から離れることはできないけど、その思いへのシンクロ率は高いな、と思う。切り離したいんだよね、そういういろんなことから。切り離して、連続したもろもろの物事のと関係性を遮断して、ちゃんと笑いたいな、と思う。バイクに乗ってるときならそれができるような気がしてるよ。

ナ・バ・テア (中公文庫)
森 博嗣
中央公論新社
売り上げランキング: 75,218

ad

関連記事

【書評】『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』 〜 これからの福島を考える「種」

最初に僕自身の原発へのスタンスを書いておくと、「原則廃止、ただしすぐにすべて停止・廃炉は現実的ではな

記事を読む

no image

『 アサッテの人 』

同僚から「これ面白いよ!」と貸してもらった『 アサッテの人 』、読了しました。 凝った構成な分

記事を読む

no image

最近読んだ本

今年は読んだ本を淡々とblogで紹介していこうと思って頑張って続けてきたけど、残り3ヶ月を切ったとこ

記事を読む

no image

『パプリカ』

『パーフェクトブルー』『千年女優』『妄想代理人』、虚実入り混じった作品が多い今敏監督による映画『パプ

記事を読む

『 子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方 大全 』 ー 良かれと思ってやってることが何一つうまくいかずに育児に悩んでいるすべての親に

ここ1年くらい娘との関係に結構悩んでいた。子育てにおける父親のロールはこうあるべきとか、「自分の子に

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑